過払い金請求は裁判をしないと取り返せない場合があります

Fotolia_46292471_Subscription_Monthly_XXL_R過払い金請求は個人でも行うことができます。

引き直し計算を行ったら、業者に連絡をしてお金を返してもらいましょう!

 

・・・といって簡単に過払い金を取り返すことができればいいのですが、実際そんなスムーズにいくことはありません。

業者もお金は払いたくないですから、あーだこーだ言って返金を渋ってきます。

場合によっては、ほとんど相手をしないということもあるそうです。

個人の場合、どうしても業者はなめてかかってきます。

 

弁護士などの専門家ならば、最終的には裁判を起こしてくるのでそんな手間を省くために交渉だけで合意させることができる場合もあります。

でも、個人だと裁判を起こす人が少ないですし、知識もないので、様々な理由を付けて少しでも返金額を少なくしようとしてきますね。

ですが、どんな理由を付けてこようとあなたには過払い金を取り返すことができる権利があります。

なので、相手がなかなかお金を支払ってくれないのであれば、裁判を起こしましょう。

 

がんばって交渉を続けても、2~3か月はかかってしまいますし、場合によってはあなたがあきらめてしまうかもしれません。

それならばさっさと裁判を起こした方が早く確実にお金を手に入れることができます。

 

裁判は弁護士などの専門家が行うイメージがあるので、想像がつきにくいかもしれません

ですが、個人でも裁判を起こすことはできます。

裁判はあなたの住んでいる地域の近くの裁判所でいいでしょう。

 

金額が140万円を超えるならば、地方裁判所
140万円以下ならば、簡易裁判所を利用してください。

裁判を起こしても勝つことができるのか?

と思うかもしれませんが、過払い金の請求に関する裁判ではあなたの方が圧倒的に有利です。

業者は基本的には負けます。

※あなたが何も準備なしで挑んだ場合、大幅な減額等はありえます。

なので、しっかりと証拠となる書類をそろえたりすることは怠らないでください。

 

個人でも裁判を起こせるとはいえ、なんだかんだ言って裁判を起こすのは大変です。

自分で裁判を起こすとなると、裁判所に出向かなければいけませんし、書類の作成も大変でしょう。

それならば、弁護士に頼った方が楽ですし、有利に交渉を進めてくれます。

弁護士を雇うにはお金がかかりますが、その分楽になりますし安心感もあります。

 

過払い金請求ならば、お金が手に入るわけですし、無理なく支払いができると思いますしね。

やはりどうしても個人でやるとなると精神的にきついものがあります。

なので、過払い金請求で裁判を起こすのであれば弁護士というプロに任せましょう。

>>無料&匿名で過払いに強い弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ