夫(妻)が隠れて借金をした!これは義両親に言った方がいい?

Fotolia_46102727_Subscription_Monthly_XXL_R夫もしくは妻が配偶者に隠して消費者金融やカードローンを利用して借金を作ってしまうという話はよくあります。

隠れて借金となると相手のことを信用できなくなりますし、思いのほかショックを受けて自分ではどうにもできないのでは?と動揺してしまうことがあっても普通のことです。

自分では対処ができないから、義両親に厳しく叱ってもらおうと考えがちです。

義両親が厳しい人の場合は叱ってもらうことは効果があります。

 

しかし、必ずしも厳しく叱ってくれるとは限りません。

場合によっては、自分の子供を弁護してあなたの敵になることだってあります。

なので、義両親に話すことが良い結果を生むとは限りません。

 

もしも話すのであれば、どのような両親なのか子供とはどういう関係なのかを見ましょう。

あなたの味方になってくれそうであれば、借金のことを話すようにしましょう。

もしも子供に対して甘い親である場合や味方になってくれそうにないのであれば、あなた自身が頑張るしかありません。

厳しく見張っていても隠れてお金を借りるのではと疑ってしまうのであれば、債務整理をしてブラックリストに載せるのも一つの手段です。

債務整理をすれば、消費者金融やカード会社から5~7年間借金をすることができなくなるので少なくともその期間は借金をしにくくなるでしょう。

>>無料匿名で債務整理に強い弁護士に相談したいならこちら

※弁護士に依頼をする場合には、”借りた本人”が依頼をする必要があります。なので、仮に相談をする場合には、借りた本人は同意している前提で相談をしてください。同意が得られていない状態だと、弁護士が相談に乗ってくれない場合もあります。

義両親に話す時に気を付けること

義両親に借金のことを話すときには、あくまで「夫(妻)が隠れて借金をして遊んでいた」という事実を伝えるだけで金銭的な援助を受けないようにしましょう。

というのも、本人が借金の返済をせずに周りが借金の肩代わりをしてしまうと、返済しても借金を繰り返しやすいからです。

「いざとなればお金を返してくれる」と思うので、罪の意識や反省をしにくいのです。

 

また消費者金融やカード会社に高い利息を支払うのがもったいないので、両親に立て替えてもらって両親に返済をしていくという方法を考える人もいます。

確かに借金の返済額だけを見るのであればその方がお得です。

しかし、両親への返済だと取り立てが緩くなるので完済せずに踏み倒すことが多くなります

 

結局返済もせずに借金を繰り返して遊んでしまうことになることがあります。

借金癖を付けることなく返済をするには、債務整理をするといいでしょう。

債務整理をすれば借金の減額ができたり、将来利息を支払わなくてもよくなります。

 

弁護士に依頼する費用が掛かりますが、利息をカットできるだけでもその費用より得なことが多いです。

またブラックリストに載るので強制的に借金をさせない状況にすることもできるので、再び借金をする確率がぐんと下がります。

しっかりと借金を返してその後も無断で借金を作られたくなければ、相手を説得して、弁護士に依頼をし債務整理をするようにしましょう。

>>無料匿名で債務整理に強い弁護士に相談したいならこちら

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ