子供の借金は家族が返済していく必要があるのか?

Fotolia_47796320_Subscription_Monthly_XXL_R子供の借金が発覚した時にその子供の家族(親、兄弟姉妹、祖父母)が代わりに返済をしていく必要はありません。

借金の契約はあくまで一個人がやるもので周りの人は関係がありません。

契約者以外に取り立てたら違法行為に当たるので、困っている場合は警察に相談することをお勧めします。

 

ただし、子供がお金を借りるときに連帯保証人になっている場合は返済する必要があります。

これは家族だからというわけではなく、連帯保証人の効果で返済義務があるということです。

連帯保証人は借主が支払えなくなったら、代わりに返済をしなければいけないようになっているので逃れることはできません。

だからこそ、家族でも安易に連帯保証人になるのは良くないといわれているのです。

借金の肩代わりはいけません

家族が返済する義務はありませんが、借金の肩代わりをしてしまう人は多いです。

家族ですから、困ったときは助けあいながら生きていくものです。

しかし、優しさと甘やかすことは違います。

借金の肩代わりは甘やかしているだけです。

借金は借金をした本人が自分の力で返済するものです。

 

かわいそうだからと言って、安易に借金の肩代わりをしてしまうとその子は何度も借金をして、返済に困るたびに他の人に肩代わりしてもらおうとします。

なぜなら、それが一番楽に返済できるからです。

ちょっとお願いしたり、頭を下げるくらいで何百万円というお金をタダでもらうことができるわけですから、味を占めるのも当然です。

 

普通に働いて何百万円というお金を貯金するのはとても大変です。

その苦労を分からず消費者金融やカードローンを利用してお金を使うのは、子供の教育としてよくないです。

なので、返済に困っていたとしても肩代わりしてあげるなんてことはしてはいけません。

とはいっても、家族なわけですから見捨てるのもかわいそうな気がしますよね?

 

そこでおすすめなのは債務整理です。

債務整理と聞くと自己破産を思い浮かべる人が多いですが、自己破産以外にも任意整理や民事個人再生など他の方法もあります。

これらを使えば、返済できるレベルにまで借金額を減らしてもらえるので、一人でも返済していくことが可能になります。

債務整理を利用すると5~7年ローンやカードが使えなくなりますが、その期間は安易にお金を借りてしまったことを反省する期間としてちょうどいいでしょう。

もしも借金の返済に困っているようでしたら、弁護士に相談をして債務整理をさせてください。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

債務整理は本人が依頼する必要があるので、借金をした本人を説得したうえで弁護士に相談をしに行きましょう。

本人がいない場合や本人が債務整理する意思がない場合には、相談に乗ってくれない場合もあるので気を付けてください。

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ