親の借金は肩代わりor見捨てる?どうするのがいいのか?

  • 親が抱えた多額の借金はどうするのがいいのか?
  • 親が返済できな借金は肩代わりしたほうがいいのか?
  • 親が借金を返済できない場合は見捨てるほうがいいのか?
  • 親の借金を肩代わりしたとき贈与税はどうなるのか?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では親の借金をどうするかについて詳しく説明していきます。

1.親の借金は「肩代わり」と「見捨てる」どうするのがいいのか?

親の借金が発覚して、親がその借金を支払うことが難しくなった場合、パッと思いつく選択肢としては「肩代わりをするか」それとも「見捨てるか」の2択です。

どういう理由の借金かによっても対応は違ってくると思いますが、基本的には肩代わりをするのは良くありません。

 

借金の肩代わりをしてしまうと、あなたの経済状況に大きく影響を及ぼします。

貯金がすべてなくなったり、給料から返済をするので今までの生活と同じように送るのは難しくなるでしょう。

また、借金の肩代わりをすると、借金をした本人は返済をする必要がなくなるので、再び借金を作る可能性が高くなります。

そのため再び借金を作り、またあなたに借金を肩代わりしてもらおうとやってくるということもあります。

それでは、いくらあなたが子どもとはいえ親にお金を吸い尽くされる人生になってしまいます。

 

こういった理由からたとえ親であったとしても借金の肩代わりをするのはよくありません。

借金を肩代りするか、親を見捨てて放置するかのどちらがいいのかと言えば、親を見捨てた方がいいということになります。

借金は借りた人が返すものなので、あくまで自己責任で返済してもらうのは決して悪いことではないと思います。

ただそうはいっても親を見捨てることができない人もいます。

後半で紹介する借金返済方法をを参考にしてください。

2.親の借金を肩代わりした場合、贈与税はかかるのか?

親の借金を肩代わりした場合、基本的には贈与税がかかります。

借金の肩代わりというのは、いったん親にお金をあげて、そのお金を借金の返済に使うという流れになります。

つまり、一度親にお金をあげているので、贈与税がかかってしまうのです。

贈与税は結構高いので、本来の借金額よりも多額の出費を強いられることになります。

こういった意味でも、親の借金を肩代わりするのはよくありません。

いくら直接借金の返済に回したからといっても、贈与税がかからなくなることはないので注意してください。

・多額の借金を抱えている場合は贈与税がかからないことも

明らかに自力では借金返済が不能で、多重債務の状態の場合は、借金を肩代わりしても贈与税がかからない場合もあります。

具体的に借金額がいくらからと決まっているわけではないので、見極めのポイントは難しいと思います。

多額の借金だから贈与税がかからないと思っていたら、あとから税務署から税金の納付の請求が来ることもあります。

一応肩代わりをした時の収入や支出、借金額などをまとめておくと税務署を説得しやすくなるかと思います。

3.親の借金は肩代わりせずに、債務整理をしてその後の生活をサポートする

先ほども書きましたが、借金は借りた人が返すものなので、借金自体は親に自分で何とかしてもらうようにしましょう。

借金を返済することが難しければ、債務整理をして自分が返済できる金額まで借金の減額をしてもらうようにしましょう。

 

債務整理の手続きは借主本人が弁護士に依頼する必要がありますが、書類を用意するなどは手伝ってあげることができます。

債務整理を行えば、親の力だけで返済できるような借金にしてもらうことができます。

最悪の場合は、自己破産をして借金を0にするという方法もあります。

 

収入状況が悪いために借金をして返済できなくなったのだと思いますので、例え債務整理を行っても苦しい生活は続くでしょう。

そこでその生活についてはサポートをしてあげるという形をとりましょう。

借金は親の力で返済してもらうので、あなたにそれほど大きな負担はかからないと思います。

その後の生活をサポートすると言っても、お金をそのままあげるわけではありません。

ほしいものを代わりに買ってあげる、一緒においしい食事を食べに行くなどの現物支給の方がいいです。

お金をあげてしまっては借金を肩代わりするのと大きな差がなくなってしまいますからね。

 

こういったのであれば、親を見捨てたことにはなりませんよね?

あなたの自分の生活を守りつつ親を見捨てずに助けることができるこの方法が個人的にはお勧めです。

まずは弁護士に相談をして債務整理を行い、両親の借金を整理するところから始めましょう。

 

とはいえ、いきなり弁護士に相談するのはハードルが高いと思います。

そこで匿名無料で使える借金減額シミュレーターを使うことをお勧めします。

匿名無料でいくら借金が減るかなどを弁護士に相談することができます。

親が債務整理をしたらどういった借金返済計画になるのかをあらかじめ把握しておくのもありだと思います。

利用したからと言って必ず依頼しなければいけないわけではないので、試しに使ってみることをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか弁護士に相談するならこちら

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法とは?

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などからあなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金がいくら減るのか
・毎月の返済額がいくらに減るのか、
・どんな方法で借金を整理するべきなのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くならもっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのもありです。

入力作業は3分もかからないので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ