親の借金は子供が肩代わりするべき?親が死亡した場合は?

Fotolia_54700857_Subscription_Monthly_XXL_R「子供なんだから親の借金を肩代わりするのは当然だろう」なんてことが世間では言われたりします。

一瞬まともな意見のような感じもしますが、法律的には子供だからという理由で返済義務を負うことはありません

借金を返済する義務があるのは借主と保証人だけで、それ以外の人は全く関係がありません。

 

もしも取り立てられた場合は、断固支払いを拒否して1円たりとも返済しないようにしましょう。

あまりに取り立てがひどい場合は、「返済する義務がないこと」と「取り立ては違法行為であること」を伝えればたいていは引き下がります。

それでもしつこく取り立てが続く場合は、警察に相談しましょう。

 

子供が親の借金を肩代わりする義務はありませんが、子供の善意で返済に協力することはできます。

できますが、安易に協力をしてはいけません。

借金の肩代わりをすると、多くの債務者は再び借金をします。

「息子(娘)が借金を返してくれた!ラッキー!」なんて思いながらまた借金を繰り返すのです。

それでは再び借金の返済が苦しくなり、借金の肩代わりを申し出てくることもあります。

 

一人の借金が家族全員を不幸にするのです。

借金癖を付けないためにも、毅然とした態度を取り借金の肩代わりをしないようにしましょう。

親のことを思うのであれば、弁護士に相談をして債務整理をすることを勧めた方がいいですね。

債務整理をすれば借金の減額ができ、返済できる範囲の借金になりますよ。

相談をする場合には親と一緒に相談をしに行きましょう。

>>債務整理に強い弁護士に無料相談をするならこちらから

親が死亡した場合、借金はどうなるのか?

例え親が死亡したとしても無条件で子供に返済義務が発生することはありません。

しかし、親が死亡した場合には遺産相続があります。

遺産相続では土地や家などを思い浮かべる人が多いですが、実は借金も相続の対象となっています。

プラスになる土地や家などの遺産だけ受け取って、借金などのマイナスの遺産は受け取りを拒否することはできません。

なので、遺産を相続するのかしないのかは、合計でプラスになるかマイナスになるかを見て判断するようにしましょう。

 

それで遺産相続を破棄する場合は、相続人となったことが分かってから3か月以内に手続きを行う必要があります。

手続きを忘れてしまうと、借金を背負うことになるので注意してください。

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ