夫(妻)が失踪or離婚したら借金の返済義務は誰に移る?

Fotolia_56297955_Subscription_Monthly_XXL_R

夫(妻)が借金をして失踪した場合(死亡・逃亡・病気など)について

借主がいなくなった場合(死亡・逃亡・病気など)、その借金は保証人や連帯保証人に移ります。

なので、配偶者だからと言って借金を肩代わりする必要はありません。

ただし、保証人もしくは連帯保証人になっていた場合は、例え離婚していたとしても返済義務が発生するので注意してください。

保証人になってる場合の対処方法について

保証人になっている場合は借金を支払っていけるだけのお金があれば、なんとかなりますが、万が一お金がなくて返済していくことが難しいこともあるでしょう。

その場合には弁護士に債務整理の依頼をするのが借金返済への近道です。

弁護士に依頼することでお金はかかりますが、債務整理をすることで借金の減額や将来の利息をカットすることができるので結果的に弁護士に依頼した方が支払う金額が少なくなることが多いです。

無料相談をすることもできるので、とりあえず相談してみるといいでしょう。

>>匿名・無料で弁護士に相談したい方はこちらから

離婚後の借金返済義務について

保証人になっていなければ、基本的には返済する義務がありませんが、離婚をするときには財産分与をすることになります。

財産分与において負の財産も財産分与の対象となるので気を付けてください。

 

例えば、住宅ローンが2000万円残っており、家(マンション)の時価が1500万円しかないという場合は、住宅ローンが負の遺産になります。

この場合は、「2000万円-1500万円=500万円」となるので、500万円が負の財産となりますね。

財産分与は基本的に半分に分けるものなので離婚をする場合には、250万円の借金を負うことになります。

いくらの借金を負うかは離婚の際の話し合いで決めることもできます。(慰謝料や養育費を減額して借金を負わないようにするなどの交渉は可能です)

 

負の財産も財産分与の対象にはなりますが、これはあくまで夫婦(家族)で使用するものや日常生活に必要なものにお金を使った場合に限ります。

家やマンションは二人で使うものなので含まれますが、夫もしくは妻が自分の個人的なことに使ったの借金の場合(ギャンブルなど)は含まれないので安心してください。

保証人になってる場合の対処方法について

もしも夫や妻の借金の保証人になっている場合、離婚をするときに保証人を外したいと考えるのは普通です。

返済を問題なく行ってくれるのであれば、何も迷惑がかかりませんが、万が一支払わない場合はあなたが支払うことになりますからね。

しかし、これには貸主(銀行や金融業者など)の同意が必要になるので簡単にはいきません。

代わりに保証人になってくれる人を見つけることができれば、交渉をすることができるかもしれませんが、ただ保証人を外すだけというのは無理でしょう。

なので、離婚するときには代わりの保証人を探してもらうようにしてください。

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ