個人再生時に自動車は処分することになる?

Fotolia_48265569_Subscription_Monthly_XXL_R

自動車というのは中には生活必需品になっている方もいると思います。

都会であれば電車やバスでたいていのところは移動できますが、地方だと車がないと相当不便ですからね。

個人再生をするのはいいけれど、車がなくなるのは困るという人も多いのではないでしょうか。

 

そこでこの記事では、個人再生時の自動車の扱いについて詳しく説明していきます。

個人再生をした場合に自動車を残すことはできるのか?

個人再生というのは、自己破産と違って、自分の資産を処分する必要はありません。

なので、個人再生をしたからと言って無条件で自動車を手放すことにはなりません。

また自動車を残すために名義変更などはする必要もありませんね。

ただ自動車というのは資産にみなされるので、(20万円以上の価値があれば)場合によっては、返済額が増えることもあります

 

また、自動車が自分のものになっているのであれば、特に大きな問題はありませんが、ローンを組んでいる場合は厄介です。

自動車ローンが残っている場合についてもう少し詳しく説明していきます。

ローンがある場合の自動車の扱いについて

ローンがある場合には、大きく分けて2つのパターンがあります。

それは以下の2つのパターンです。

  • 所有権(名義)が信販会社やローン会社になっている場合
  • 所有権(名義)が自分になっている場合

所有権(名義)が信販会社やローン会社になっている場合

この場合は車が担保になっているので。お金が回収できないとなった時点で、車を回収して未払い金に充てることになります。

個人再生をする場合だと、借金を圧縮することになるので、車を売って残りのローンの支払いに回されることになりますね。

なので、この場合だと車を手放さなくてはいけません。

車を残す方法はないの?

基本的には車を手放さなければいけないのですが、どうしても残したいという人もいるでしょう。

その場合には、親や親戚などに代わりに支払ってもらうという方法があります。

ローンを完済したことになるので、所有権がローン会社から離れます。

親・親戚が代わりに払うという形にするのか、借金をしたという形にするのかは自由ですが、借金をしたという形にしたのであれば、これも減額の対象になります。

そうなると、親や親戚が納得しないこともあるので、個人再生に関係なく、お金を返すという約束をするといいでしょう。

所有権(名義)が自分になっている場合

この場合は、自動車が担保になっていないので、車を手放さなくても大丈夫です。

また自動車ローンについては、他の借金同様に圧縮されますね。

この場合も自動車が資産とみなされるので、場合によっては返済額が増えることもあります。

 

まとめ

個人再生では自分の資産を処分する必要がないので、車を残せる可能性は高いです。

個人再生はあまり有名ではなく、ちょっと特殊なものなので、あいまいな点もありますし、結構手続きが面倒くさいです。

そういった煩わしさを味わいたくないのであれば、弁護士に依頼をしてしまうのがいいですね。

実際に個人再生をする方の多くは弁護士に依頼をしていますよ。

>>匿名・無料で個人再生に強い弁護士に相談するならこちらから

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法とは?

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などからあなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金がいくら減るのか
・毎月の返済額がいくらに減るのか、
・どんな方法で借金を整理するべきなのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くならもっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのもありです。

入力作業は3分もかからないので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ