不動産を所有時の個人再生(清算価値・差し押さえなど)

Fotolia_47796320_Subscription_Monthly_XXL_R

不動産を所有している場合は、資産とみなされるので個人再生を行う時にはいろいろな手間がかかります。

自己破産のように処分をするわけではないのですが、手続きには入念な下調べが必要です。

ちなみに、住宅も不動産に含まれますが、住宅には特例があるので、この記事では扱いません。

>>住宅ローン特例について詳しくはこちら

 

この記事では住宅以外の不動産について多くの人が疑問に思っていることを解説していきます。

  • 個人再生をすると不動産は差し押さえられるの?
  • 不動産を所有していると清算価値保証で支払金額が多くなる?

個人再生をすると不動産は差し押さえられるの?

個人再生を行っても、自己破産と違い不動産を差し押さえられるということはありません

財産を処分せずに借金を整理するのが債務整理ですからね。

 

しかし、不動産を担保にしてお金を借りていた場合は、処分されてしまいます。

不動産を担保にするのは借金がきちんと返済されなかった場合に、一部でも回収するためのものですからね。

個人再生ではいくらか返済をしますが、元の借金額よりも大幅に減額されるので、その減額分に不動産を売却したお金が使われることになります。

無担保の場合であれば、差し押さえられることはありませんが、
担保にしている場合は、差し押さえられることがあるので注意してください。

不動産を所有していると清算価値保証で支払金額が多くなる?

不動産を含む資産を所有している場合に、個人再生を行うと債権者が損をすることがあります。

 

例えば、資産が500万円ある状態で、1000万円の借金がある場合に個人再生を行った場合と自己破産を行った場合を考えてみましょう。

1000万円の借金を個人再生で減額すると、200万円になるので、200万円を返済すれば借金がなかったことになります。

そして、個人再生では資産を処分する必要がないので、500万円の資産を持ったままになります。

自己破産の場合は、借金が0になりますが、それと同時に資産を失います。

なので、今ある資産を返済に使って借金を0にするということです。

 

つまり、

個人再生の場合は、返済額200万円、資産500万円(+300万円)
自己破産の場合は、返済額500万円、資産0円(-500万円)

こう見ると圧倒的に、個人再生をした方が圧倒的にお得ということが分かります、

200万円の返済で、500万円の資産を残せるわけですから。

 

しかし、これでは債権者は黙っていません。

自己破産をすれば500万円が支払われるのに対し、個人再生だと200万円しか支払われないですからね。

この不平等をなくすために、少なくとも自己破産で支払われるだけのお金を個人再生でも返済する必要があると決まっています。

これが清算価値保証と言います。

 

つまり、資産を持っていると、少なくとも資産額以上の返済を行うことになるということです。

不動産を持っている場合は、借金があまり減らないこともあるので、個人再生をするときには気を付けてください。

まとめ

個人再生では資産を処分せずに借金を減額できるので、とても魅力的に見えます。

しかし、少なくとも資産額は返済しなければいけないので、個人再生後の返済が大変になるということも珍しくありません。

一定以上の資産がある状態で多額の借金がある場合は自己破産をすることも考えた方がいいでしょう。

細かい話については、弁護士に直接相談するといいでしょう。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ