個人再生をする時に減額ができない債権について

Fotolia_46102727_Subscription_Monthly_XXL_R個人再生をするとあなたが抱えている借金の額を減らすことができますが、すべての借金が対象というわけではありません。

一般優先債権と共益債権について個人再生をしても、借金額を減らすことはできません。

また、担保付債権も個人再生の対象外となっています。

これらの借金については、あくまであなたが返していく必要があります。

個人再生で減額ができない借金について

一般優先債権とは

一般優先債権に含まれるものは、裁判所に納めるお金、税金、健康保険料、国民年金保険料、罰金などが当てはまります。

事業者で人を雇っている場合には、未払いの給料も一般優先債権に当てはまります。

借金と聞くとお金を借りている状態のことをイメージすると思いますが、未払いのものも借金の中に含まれるのです。

なので、もしも税金や健康保険料などで未払い分がある場合は、個人再生をしても支払っていく必要があります。

共益債権とは

個人再生を行った時に立てる再生計画を実施するために必要な費用などが共益債権に当てはまります。

具体的な例を挙げると、電気、ガス、水道料金などが当てはまります。

また、事業者の場合は事業を継続することに欠かせない原材料の購入費用などが当てはまります。

担保付債権とは

担保が設定されている借金は、他の債権者とは別に返済をすることになります。

担保が付いていれば、それを売ることで借金を返済することができますからね。

もしもそういうのを関係なしに借金を圧縮できたら、お金を貸した側が明らかに損をするので、担保が付いている場合は別になっているのです。

例えば、

3000万円借金をして、不動産を購入したとしましょう。

その後、返済をして借金残高は1500万円になったとします。

個人再生を行うと1500万円の借金は300万円に圧縮されます。

もしも不動産を売った場合の価格が1500万円だった場合、担保となっている不動産を売却すれば、借金を返済できるはずです。

他の借金と同じように借金を減額すると、このようにローン会社が損をしてしまうのです。

なので、担保がある場合の借金については、担保を売却して借金を返済する必要があるのです。

 

ただし、最近では不動産価格が下がっているので担保としている不動産を売ったとしても、すべての借金を返済できるとは限りません。

万が一残った場合は、圧縮される借金の対象となります。

 

また、個人再生には住宅ローン特則があり、それを使った場合は住宅ローンの借金額すべてを対象外にすることができます。

そうすると家を売る必要がないので、家を残したまま借金を減らすことができます。

※住宅ローンは圧縮できないので、すべて支払っていく必要があります。

 

まとめ

これ以外の借金であれば利息や延滞損害金を含めて、圧縮することができます。

これ以外の借金というのは、銀行や消費者金融、信販会社、商工ローン、身内・友人からの借金などがありますね。

一般的にイメージされている借金であれば、基本的には借金を圧縮できると考えていいでしょう。

>>無料&匿名で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ