個人再生で生命保険は強制解約?加入し続ける方法とは?

個人再生 生命保険

  • 個人再生すると生命保険は解約させらえる?
  • 生命保険の解約返戻金は個人再生にどう影響してくる?
  • 個人再生で生命保険の契約者貸付は減額できるのか?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では個人再生と生命保険について詳しく説明していきます。

1.個人再生をすると生命保険は解約になる?

個人再生をしても生命保険が解約になることはありません。

 

自己破産の場合は一定以上の価値のある財産については没収される決まりになっています。

この時解約返戻金のある生命保険はある種の財産となるので、20万円以上の解約返戻金がある場合には、生命保険を解約する必要があります。

しかし、個人再生は自己破産と違って財産を没収されることがありません。

そのため解約返戻金があっても、生命保険を解約しなければいけないということはありません。

個人再生をしたら生命保険が強制解約になるなんてことはないので安心してください。

 

ただし、状況によっては生命保険を解約する必要があります。

それについては次で詳しく説明します。

2.生命保険の解約返戻金は個人再生にどう影響してくるのか?

個人再生をしても生命保険を解約させられませんが、個人再生に全く影響がないというわけではありません。

 

個人再生では、減額できる借金額に清算価値保証がついています。

清算価値保証とは、手続きをする本人が所有している財産以上の借金は返済しなければいけないというものです。

例えば、500万円の借金がある場合、個人再生をすれば100万円まで減額することができます。

しかし、この時250万円の財産を所有している場合には、250万円までしか減額することができないんです。

 

生命保険の解約返戻金は財産とみなされます。

そのため解約返戻金の金額が大きいと、個人再生であまり借金が減額できない可能性があります。

再生計画を立てたとき、借金が返済できないようであれば、個人再生の認可が下りません。

そのため生命保険を解約して、借金額を減らす必要ある場合もあります。

生命保険が強制解約されることはありませんが、状況によっては生命保険を解約する必要があるということは覚えておいてください。

>>とりあえず匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談してみるならこちら

3.生命保険の契約者貸し付けの借金は個人再生で減額できるのか?

生命保険では解約返戻金を担保にして、お金を借りることができる制度があります。

それを契約者貸付と言います。

生命保険の契約者貸付もある意味借金なのですが、個人再生で減額することはできるのでしょうか?

結論を言いますと、個人再生で減額することはできません。

 

生命保険の契約者貸付は、解約返戻金を担保にしています。

担保というのは、借金が払えなくなった時に、借金の返済にあてるものになります。

個人再生を行ったとしても、結局担保である解約返戻金が借金の返済に回されることになります。

そのため個人再生をしても生命保険の契約者貸付の借金は減額することができないんです。

>>とりあえず匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談してみるならこちら

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法を大公開!

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などから、あなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金をいくら減らせるのか
・毎月の返済額をいくらに減らせるのか
・どんな方法で借金を整理するのが最適なのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くなら、もっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのも、当然ありです。

入力作業は3分もかからず匿名・無料で使えるので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみることをおすすめします。

もしかしたらあなたの借金も大幅に減らせるかもしれませんよ?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

債務整理 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
借金地獄 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
闇金 返済 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ