うつ病でも個人再生の手続きを行うことができる?

Fotolia_41650336_Subscription_Monthly_XXL_R

様々な理由から借金を抱えてしまい、その後うつ病になるという人は少なくありません。

会社や日常生活におけるストレスだけでなく、借金の返済によるストレスによってもうつ病になることがありますからね。

むしろ抱える悩みが多くなる分、借金を抱えている人の方がうつ病になりやすいでしょう。

うつ病になる人は真面目な人が多いので、少しでも借金を返済しようとして個人再生を選ぶ傾向があります。

 

そこでこの記事ではうつ病の場合の個人再生の手続きについて、詳しく書いていきます。

うつ病だと個人再生は無理?

個人再生というのは手続き終了後、圧縮した借金を返済するようになっています。

この返済は融通が利かず、毎月決まったお金を返済する必要があるので、一定以上の収入がないと難しい手続きとなっています。

うつ病の場合でも、働いているのであれば収入があるので個人再生の手続きを行うことができるでしょう。

 

しかし、うつ病になると失業する可能性が高いという問題点があります。

働けなくなると、収入がなくなるということなので毎月の返済ができなくなってしまいます。

このような問題点があるので、うつ病で借金の返済に困っている場合には、無理に個人再生を選ぶのではなく、自己破産を選んだ方がいいと思います。

自己破産をすれば借金を返済する必要がありませんからね。

 

「お金は借りたら返すもの」と言われていますが、どう頑張っても返済することができなければ、自己破産をするのも一つの手です。

自己破産には悪いイメージがついていますが、国が認めているやり方なので、堂々としていればいいのです。

 

また、無理をして個人再生を選んでも、支払いが滞れば、結局自己破産をすることになります。

そうなると、弁護士費用が余計にかかるだけなので、最初から自己破産を選んでいた方がよかったということにもなりかねません。

なので、うつ病で借金の返済に困っている場合は無理に個人再生を選ぶのではなく、自己破産を選ぶようにしましょう。

>>匿名・無料で自己破産に強い弁護士に相談するならこちらから

 

しいて、個人再生を選ぶことができる人をあげるのであれば、うつ病が回復傾向でだいぶよくなっている人ですね。

回復しているのであれば、仕事を見つけて収入を得ることも難しくないですからね。

この場合は仕事を見つけた後に個人再生の手続きをやるのが確実ですね。

収入の見込みがない状態で、個人再生の手続きを行うのは無謀ですからね。

まだうつ病が回復傾向にない人は、素直に自己破産を選ぶようにしましょう。

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法とは?

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などからあなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金がいくら減るのか
・毎月の返済額がいくらに減るのか、
・どんな方法で借金を整理するべきなのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くならもっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのもありです。

入力作業は3分もかからないので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ