小規模個人再生と給与所得者等再生の特徴と違いについて

0-08個人再生には大きく分けて、「小規模個人再生」と「給与所得者等再生」の2種類あります。

それぞれの特徴と違いについてまとめていきます。

 

小規模個人再生と給与所得者等再生の利用条件について

小規模個人再生を利用できる条件

  • 住宅ローンを除いた借金総額が5000万円以下
  • 将来にわたって継続的に収入が見込める

給与所得者等再生を利用できる条件

  • 住宅ローンを除いた借金総額が5000万円以下
  • 将来にわたって継続的に収入が見込める
  • 定期的な収入の幅が小さいことが見込まれる(過去2年間の年収で変動幅が±20%以内)

 

この2つの条件を見てもらえれば分かりますが、給与所得者等再生の方はサラリーマンや公務員を想定しているので、3つ目の条件が加わっています。

自営業の方は給与所得者等再生を利用することはできません。

逆にサラリーマンや公務員の場合は、小規模個人再生を選択することができるようになっています。

小規模個人再生と給与所得者等再生のどちらを選ぶ方がいいの?

はっきり言って、利用条件はそれほど違いがないのでどちらを選べばいいのかよく分かりませんよね。

自営業の場合は小規模個人再生しか選べませんが、サラリーマンや公務員の場合は両方選べますからね。

 

それでは、小規模個人再生と給与所得者等再生の決定的な違いはなんなのかといいますと、

それは「返済額の決め方です。

 

その返済する金額を決めるルールが異なるので、場合によってはどちらの種類を選ぶのかによって返済する金額が変わってきます。

それではそれぞれの返済金額の決め方を紹介していきます。

小規模個人再生の返済金額の決め方

「資産を現金化した場合の金額」と「最低弁償基準額」の多い方を支払うことになっています。

最低弁償基準額とは

  • 100万円未満…借金総額
  • 100万円以上500万円以下…100万円
  • 500万円以上1500万円以下…20%
  • 1500万円以上3000万円以下…300万円
  • 3000万円以上…10%

例えば、500万円の資産がある状態で、1500万円の借金があったとしましょう。

最低弁償基準額だと1500万円の借金は300万円に減らされます。

しかし、500万円の資産があるので返済額は500万円となるのです。

>>理由はこちら

 

借金の金額によって、最低弁償額は変化していきます。

これを見れば、任意整理よりも圧倒的に減額できることが分かるでしょう。

給与所得者等再生の返済額の決め方

「可処分所得の2年分以上」「最低弁償基準額」「資産を現金化した場合の金額」の中で多い方を支払うことになっています。

可処分所得とは収入から税金、社会保険料、最低限度の生活費を引いた所得を指します。

 

ちなみに個人再生では3年かけて返済していくので、そこまで切り詰めた生活にはならないでしょう。

例えば、2年分の可処分所得が300万円、最低弁償基準額が200万円、資産が250万円あったとしましょう。

その場合は、可処分所得の2年分の300万円を返済していく必要があります。

 

小規模個人再生を選んだ方が返済額は小さくなる

給与所得者等再生の返済額の決め方を見てもらえれば分かりますが、小規模個人再生の決め方に「可処分所得2年分以上」というルールが加わっています。

余分にルールがくっついているために、給与所得者等再生の方が返済額が大きくなることの方が多いです。

間違っても給与所得者等再生の方が安くなるということはありえませんね。

なので、個人再生を選ぶ際には小規模個人再生を選んだ方が返済が楽になるといえるでしょう。

 

ただし、小規模個人再生の場合は2分の1以上の業者に再生計画案を認めてもらう必要があります。

(※給与所得者等再生の場合は業者の意見に左右されない)

現実的にはあまり反対されることはありませんが、一応頭の隅には入れておいてください。

>>無料&匿名で個人再生に強い弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ