友人や会社から借金をしている場合のどの債務整理方法がおすすめ?

友人や会社から借金をしている場合の債務整理について

Fotolia_47796320_Subscription_Monthly_XXL_R債務整理の中の個人再生や自己破産は交渉する相手を選ぶことができません。

サラ金やクレジット会社だけならば、特に問題ないでしょうが、友人から借りている場合や会社から借りている場合は問題が起こることもあります。

その時に起こる問題を正しく認識してから債務整理の方法を選びましょう。

友人からお金を借りている際に起こる問題

友人からお金を借りていた場合、それを返済しないとなるとほぼ確実に友情にひびが入るでしょう。

それは借りている金額の大小によって変わるものではありません。

少なくても友情にひびは入るものです。

 

もしもあなたがお金を貸した時に、いきなりお金を返さないと言われたらどうですか?

例え、それが1万円だとしても、その友人への信頼はなくなりますよね。

それがもっと大きい金額なら縁を切ってもおかしくはないです。

会社からお金を借りている際に起こる問題

会社からお金を借りている場合も友人からお金を借りている場合と同様に信頼がなくなります。

場合によっては信頼がなくなるだけでなく、会社を首になることがあります。

というのも、社則に「会社に著しく不利益を被った場合は解雇の理由になる」という項目が入っている場合があります。

 

本来、個人再生や自己破産をしただけでは、それを理由に会社を首になることはありません。

ただこの項目が入っていると、解雇になる可能性があるのです。

会社を首になると返済が難しくなるので、この項目が入っているかどうかはチェックしておきましょう。

まとめ

以上の理由から友人からお金を借りている場合には慎重に債務整理の方法を選ぶ必要があります。

本当に苦しい状況ならば、個人再生や自己破産を選択した方がいいですが、返済額が大きく減るからと言って安易に選ばないようにしましょう。

ちなみに、友人や会社からお金を借りている場合に、個人再生や自己破産をすると相手にばれるということも知っておいてください。

※債権者(お金を借りた相手)に通達する義務があるため

 

もしもこういった問題を起こさずに、借金を整理したい場合には、任意整理を選択しましょう。

任意整理ならば交渉する相手を選ぶことができるので、会社や友人に知られることなく、サラ金やクレジット会社からの借金のみを整理することができます。

なので、友人や会社から信頼を失うことなくなります。

 

返済する額は、個人再生や自己破産よりも多くなりますが、任意整理でも将来利息を支払う必要がなくなるので、だいぶ返済が楽になりますからね。

任意整理をする際には、業者との交渉がカギとなるので専門家である弁護士に依頼をした方がより有利な交渉を進めることができます。

なので、借金返済に困っている場合は弁護士に相談をしましょう。

>>無料&匿名で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ