任意整理後、支払いを延滞・滞納したらどうなる?個人再生?破産?

Fotolia_48265558_Subscription_Monthly_XXL_R

任意整理をしたときには毎月欠かすことなく支払っていくことができると思っていたが、急な出費があったり、病気や事故、リストラがあったりするなどが原因で支払うことができないことというのもよくあります。

もしも、任意整理後に支払えなくなった場合はどうすればいいのかということを、

  • 一時的に支払えない場合
  • 長期的に支払えない場合

に分けて説明していきます。

一時的に払えない状態にある場合について

一時的に支払うことができなくなった場合は、和解するときに交わした和解書をよく読みましょう。

すると、「2か月以上滞納した場合は、期限の利益を損失する」というようなことが書いてあることがほとんどです。

期限の利益を損失するというのは、「一括で返済してください」ということです。

 

つまり、2か月以上滞納したら、一括で返済してくださいということが書かれていることが多いということです。

1か月の滞納では、一括返済を求められるわけではないので、来月の給料日まで待ってほしいという場合には、業者に連絡をして支払いが遅れることを伝えましょう。

 

万が一、2か月遅れてしまった場合でも、業者に相談することによって、分割払いでの支払いを許してくれる場合もあります。

任意整理をする段階で、業者に対して迷惑をかけているので、なるべく支払いを遅れないようにするとともに、遅れそうな場合は、必ずいつまでに支払えるかということを伝えるようにしましょう。

長期的に払えない場合は個人再生や自己破産を

急な出費などの一時的な理由ではなく、大けがをしたという場合やリストラに合ったという場合などの長期的に返済することが難しくなった場合は、思い切って任意整理をやめることも一つの手段です。

任意整理をした後でも、個人再生や自己破産を行うことができます。

 

「任意整理ですでに業者に迷惑をかけているが、個人再生や自己破産でさらに迷惑をかけてもいいのか?」という疑問を持つかもしれませんが、全く問題ありません。

業者としては嫌な行為かもしれませんが、あなたの生活を守ることの方が大事です。

個人再生を行うことで大幅に借金を減額したり、自己破産を行って借金を0にしたりすることで、生活を立て直しましょう。

 

誰に相談すればいいのか?

任意整理後に個人再生や自己破産を行う場合には、任意整理を行った弁護士に相談すればいいでしょう。

司法書士に任意整理を頼んでいる場合は、弁護士に依頼をするようにした方がいいでしょう。

司法書士に依頼をしても、行ってくれるのは書類作成くらいです。

弁護士ならば、代理人としてすべてのことをあなたの代わりに行ってくれるので、スムーズに手続きが済みますし、裁判費用も安くなる場合もあります。

なので、個人再生や自己破産を行う場合には弁護士に相談するようにしましょう。

>>匿名無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法とは?

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などからあなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金がいくら減るのか
・毎月の返済額がいくらに減るのか、
・どんな方法で借金を整理するべきなのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くならもっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのもありです。

入力作業は3分もかからないので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ