任意整理をしてもクレジットカードを残すことはできる?

Fotolia_48810693_Subscription_Monthly_XXL_R

任意整理をするときに

  • 任意整理後も今まで通りクレジットカードを使いたい
  • 任意整理するとクレジットカードは使えなくなる
  • 任意整理したとき今使っているクレジットカードを残すことはできる?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では任意整理とクレジットカードについて詳しく説明していきます。

1.任意整理後も今使っているクレジットカードを残すことはできる?

任意整理の場合、どの消費者金融やカードローン会社の借金を整理することが選ぶことができるので、クレジットカードのキャッシングだけ整理しないという方法もあります。

また、借金は消費者金融やカードローンだけでクレジットカードのキャッシングは利用していないということもありますね。

任意整理でクレジットカード会社を整理する対象に選んだ場合には、すぐにクレジットカードは利用停止となります。

 

しかしクレジットカード会社に対して任意整理を行わないのであれば、債務整理をした事実がすぐにはその会社には分からないので、そのままクレジットカードを使うことができます。

また、クレジットカードのキャッシングをしていない場合も、すぐに情報が伝わらないので、クレジットカードを残すことができます。

このような場合であれば、任意整理後も今まで通りクレジットカードを使い続けることができます。

しかしこれは一時的なものでその後もずっとクレジットカード使い続けられるとは限りません。

2.任意整理後にクレジットカードが強制解約されるタイミングとは?

任意整理の対象となっていないのであれば、クレジットカードは残すことができます。

しかし、任意整理後に残ったクレジットカードが強制解約される可能性があります。

 

任意整理をすると、信用情報に事故情報が載ります。

これはいわゆるブラックリストに載るというもので、新しくクレジットカードを作るときの審査に通らなくなります。

また新規のクレジットカード作成だけでなく、今まで使っていたクレジットカードにも影響を及ぼします。

そのため任意整理後にいきなりクレジットカードが使えなくなるということが起こります。

 

どういったタイミングに残ったクレジットカードが解約されるのかと言いますと以下の通りです。

  • クレジットカード会社が与信を行った場合
  • クレジットカードの更新のタイミング

・クレジットカード会社が与信を行った場合

一般的なクレジットカード会社では、与信といって、数か月ごとに顧客の信用情報を確認することがあります。

そのチェックの時に、任意整理をしたことが分かってしまうので、解約されることがあります。

ただし、すべてのクレジット会社が定期的に与信を行うわけではなく、さぼっている会社もあります。

その場合は、ずっと任意整理をしたことが分からないので、継続してクレジットカードを使えるでしょう。

・クレジットカードの更新のタイミング

与信はさぼっている会社もありますが、さすがに更新時にはすべてのクレジット会社は信用情報を見ます。

なので、その時に任意整理をしたことが分かってしまいますね。

遅くとも更新時にはクレジットカードが使えなくなると思った方がいいでしょう。

 

ちなみに、例外的な場合ですが、クレジットカードの更新まで1回も遅れずに毎月支払いをしていた場合であれば、解約されずに済む場合があります。

1回も遅れずに支払っているのであれば、クレジットカード会社には何も損害がないわけです。

信用情報的にはアウトですが、クレジットカード会社の顧客情報的にはありと判断されることがあります。

長い間きちんと支払っているのであれば、クレジットカード会社に対して信用が積み重なるわけです。

 

信用情報はあくまで一つの基準でしかないので、他の条件がよければクレジットカードの利用を受け入れることもあります。

なので、任意整理後もクレジットカードを使い続けたければ、1回も支払いを遅れることなくきちんと支払うことが、継続して使うためのポイントとなっています。

3.任意整理でクレジットカードが残せなくてもデビットカードがある

任意整理後もクレジットカードを使い続けたいという気持ちはよくわかります。

クレジットカードがあると、公共料金やネットショッピングなど各種支払いが便利ですからね。

ただクレジットカードを使い続けたいからと言って、任意整理をせずに借金で苦しむのはもったいないです。

 

あまり多くの人は知らないのですが、任意整理後でも新規にデビットカードを作ることができます。

デビットカードはクレジットカードと違い、決済後、銀行口座からすぐに引き落としされるという仕組みなので、クレジットカードのような審査はありません。

それでいて、ほぼクレジットカードと同じような使い方ができます。

公共料金も支払えますし、ネットショッピングでも使えます。

デビットカードはほとんどクレジットカードと変わらない使い方ができます。

 

任意整理をしても各種支払いが不便になるということもないので、前向きに検討することをお勧めします。

返済が苦しい状況にあるなら、とりあえず借金減額シミュレーションを使っていくら借金が減るのかだけでも専門家に聞くことをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか弁護士に相談するならこちら

まとめ

今回は、継続して使うことができる場合もあると紹介しましたが、基本的には解約になると思った方がいいです。

解約にならなかったらラッキーという感じです。

任意整理の情報は5年経過すれば信用情報から削除されるので、その後新しくクレジットカードを作るようにしましょう。

またクレジットカードは使えなくなっても、代用品としてデビットカードがあります。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか弁護士に相談するならこちら

 

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法とは?

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などからあなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金がいくら減るのか
・毎月の返済額がいくらに減るのか、
・どんな方法で借金を整理するべきなのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くならもっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのもありです。

入力作業は3分もかからないので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ