任意整理はどこに相談すればいい?弁護士?司法書士?

Fotolia_45340117_Subscription_Monthly_XXL_R

任意整理をしようと思ったときに

  • 任意整理はどこに相談しに行けばいいのか?
  • 任意整理は弁護士と司法書士のどちらの依頼したほうがいいのか?
  • 任意整理の費用は弁護士と司法書士どちらが安いか?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では任意整理の相談先について詳しく説明していきます。

1.任意整理はどこに相談するべきなのか?絶対に相談してはいけないところとは?

借金の返済に困り、任意整理をしようと思った時、いざ相談をするとなるとどこに相談をすればいいのかよく分かりませんよね。

弁護士だったり、司法書士だったり、借金解決系の団体だったりといろいろな所があります。

 

基本的に任意整理をするのであれば、弁護士か司法書士か専門家への相談は必須です。

任意整理は、裁判所を通さず、借金問題の専門家である弁護士や司法書士が業者と交渉をして、借金の減額や返済プランの立てるものとなっています。

なので、個人で任意整理を行うことはできません。

消費者金融やカードローン会社などの貸金業者と交渉をしてみてもいいかもしれませんが、おそらく応じてくれません。

弁護士ではない一般人と交渉していたら、とても手間がかかりますからね。

基本的に門前払いの形になるでしょう。

・絶対に任意整理を相談してはいけないところとは?

任意整理の相談をするときに絶対に相談してはいけないところは、借金について相談に乗ってくれる謎の団体や消費者金融が紹介する団体です。

中には消費者金融と裏でつながっており、任意整理をしようとしても不利な条件で和解することになることがあります。

また法外な相談料を請求されたりもするので、怪しい団体には相談しないようにしましょう。

 

もちろん中には一応まともに相談に乗ってくれるところもあるのですが、任意整理をするのであれば最終的には弁護士か司法書士といった専門家に依頼をする必要があります。

結局二度手間になるので、最初から弁護士か司法書士に相談をしたほうがいいでしょう。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか弁護士に相談するならこちら

2.任意整理は弁護士と司法書士どちらに相談するべきなのか?

・任意整理における弁護士と司法書士の違い1:費用はどっちが安い?

弁護士と司法書士を比べるとまず気になるのは料金だと思います。

弁護士でも司法書士でも、大きく任意整理の費用が変わるわけではありませんが、司法書士の方が少し安いことが多いです。

 

任意整理の弁護士費用と司法書士費用の相場は以下のようになっています

  • 弁護士:着手金2~5万円+成功報酬(減額できた借金額の10%)
  • 司法書士:着手金2~4万円+成功報酬(減額できた借金額の10%)

※厳密には弁護士・司法書士によって値段が違うので、弁護士でも安い場合もあります。

 

司法書士のほうが報酬が安くなる傾向があるのですが、そこまで大きな金額の差はありません。

そう考えると費用面では任意整理は弁護士と司法書士のどちらに依頼してもそう大差はないと思います。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか弁護士に相談するならこちら

・任意整理における弁護士と司法書士の違い2:借金額による制限がある?

弁護士には特に制限はかからないのですが、司法書士には任意整理を行うときに借金額の制限が課せられています。

  • 借金額が140万円以下のものしか対応できない
  • 過払い金が140万円以上発生した場合も対応できない

このように金額の制限があるために、スムーズに貸金業者と交渉ができないこともよくあるのです。

 

また、最悪の場合、過払い金が140万円以上あった場合、司法書士には交渉の権利がないからということで、140万円で合意をさせられるということがあります。

他にも、本来であれば、任意整理以外の債務整理(個人再生・自己破産)を選ぶべき借金額なのにもかかわらず、お金になるからという理由で任意整理を勧めることもあります。

司法書士に依頼をすると、減額できる幅や過払い金の金額が減ってしまうことや自分の利益を優先するアドバイスをされるリスクがあるというわけです。

※もちろんきちんとしたアドバイスをくれる司法書士さんもいます

 

弁護士であれば、特に制限がないので、借金をきっちりと減額したり、あなたのためになるアドバイスをしたりしてくれるでしょう。

お金を借りている期間が短かったり、借金額が小さかったりすれば司法書士でもいいかもしれませんが、個人的には弁護士に相談をすることをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか弁護士に相談するならこちら

・任意整理における弁護士と司法書士の違い3:訴訟されたときの対応

任意整理を行っても貸金業者との和解がスムーズにいかない場合訴訟を起こされる可能性があります。

その時弁護士であれば、どの裁判でも代理で動いてもらえます。

しかし、司法書士の場合は簡易裁判所における民事事件しか代理することができないことになっています。

もし簡易裁判所で納得できる形で和解できなかったら、あとは自分で裁判に出て対応しなければいけなくなります。

また司法書士は弁護士と違って裁判慣れしていないので、代理で任せても不利な条件で和解を結んでしまう恐れもあります。

正直司法書士は弁護士と比べると頼りないという印象があります。

なので、個人差的には任意整理は弁護士に相談することをお勧めします。

まとめ

任意整理を行う場合には、弁護士や司法書士に依頼をする必要があります。

どちらの方がいいのかというと、弁護士の方がスムーズに円満な解決をすることが多いので、弁護士に依頼をする方がいいでしょう。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか弁護士に相談するならこちら

 

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法を大公開!

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などから、あなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金をいくら減らせるのか
・毎月の返済額をいくらに減らせるのか
・どんな方法で借金を整理するのが最適なのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くなら、もっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのも、当然ありです。

入力作業は3分もかからず匿名・無料で使えるので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみることをおすすめします。

もしかしたらあなたの借金も大幅に減らせるかもしれませんよ?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

債務整理 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
借金地獄 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
闇金 返済 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ