任意整理で和解までの期間とは?和解後の返済期間とは?

Fotolia_56132361_Subscription_Monthly_XXL_R

任意整理を始めてから和解までの期間について

任意整理は弁護士に正式に依頼をしてから、3~6か月程度で和解することが多いです。

任意整理の流れとしては

  1. 業者から取引履歴を取り寄せる(1~2か月)
  2. その情報が合っているかの確認、情報をもとに返済プランを依頼者と考える(1~2か月)
  3. 業者との和解交渉(1~2か月)

という流れになっています。

 

おおよそが3か月程度で和解までいくみたいですが、中には、なかなか任意整理に応じない業者もあるみたいです。

そういう業者だと、取引履歴をなかなか送ってこなかったり、一部の取引履歴しか送ってこなかったり、交渉にもなかなか応じなかったりと、いろいろな所で時間がかかってしまうのです。

大手であれば、それなりにスムーズに進むと思うので3か月くらいで和解できる見込みでいいでしょう。

和解後の返済期間について

任意整理では、和解をした後に借金を返済していきます。

その時の返済期間は、弁護士の交渉力にもよりますが、3~5年です。

基本的には3年で、3年で返済することが難しいという場合に返済期間を最大5年まで伸ばすというイメージを持っているといいでしょう。

 

もしも5年かけても返済することが難しいという場合には、個人再生や自己破産を選択することになります。

任意整理では残りの借金を自分で返済することを頭に入れて、無理のないような返済計画を立てるようにしましょう。

和解から5年でブラックリストから消える?

任意整理をすると、ブラックリストに載ってしまいますが、これは基本的には5年で消えます

ただし、任意整理後の返済で、延滞や滞納があった場合は5年経過しても消えていない場合があります。

 

というのも、信用情報(ブラックリスト)に掲載される情報は「債務整理を行った事実」と「延滞」の情報に分かれています。

債務整理を行った事実は、5年で消えるのですが、返済途中で延滞すると「延滞」の情報が掲載されることになるのです

そのため任意整理から5年経ってもブラックリストに載っている状態となり、クレジットカードを作ったり、ローンを組んだりすることができない場合があります。

 

延滞をした場合には、延滞が解消されてから5年間は情報が載ってしまうことになっています。

クレジットカードを作れないことやローンを組めないことは、少し不便だと思うので、任意整理をするときには、遅れることなく返済するようにしましょう。

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ