無職で収入がないと任意整理を行うことができない?

Fotolia_51850519_Subscription_Monthly_XXL_R

債務整理の中でも、最も軽めの借金整理方法である任意整理。

任意整理の特徴としては、利息をカットして元本のみを支払っていくということです。

例えば、150万円の借金がある場合は、利息がこれ以上かからないので、150万円を3年で分割払いすることになります。

すると、毎月約4万2000円の返済を行う必要があります。

 

このように任意整理を行っても返済を行う必要があるということです。

いくら弁護士が優秀だとしても、任意整理で借金をチャラにすることができませんね。

できたとしても、返済期間を3年から5年に変更することぐらいでしょう。

5年になれば、約2万5000円の支払いで済むようになります。

 

このように返済が必要なので、いくらかの収入がないと任意整理を行うことができないです。

アルバイトでもいいので、任意整理をした場合の毎月の返済額以上を稼いでいる必要があります。

それでは今無職の人はどうやっても任意整理を行うことができないかというと、そういうことはありません。

 

実は無職でも任意整理を行うことができる場合があります。

それは将来的に確実に収入が見込める場合です。

例えば、1か月先に就職が決まっている場合であれば、確実に収入が見込めますよね。

任意整理の手続きには数か月かかるものなので、支払う段階になればきちんとした収入があることになります。

そうなれば、任意整理をしたとしても借金の返済を行うことができるので、任意整理を引き受けてくれる弁護士も多いですよ。

 

任意整理が無理な場合は自己破産を

債務整理には任意整理以外にも種類があります。

ただ無職となると、自己破産以外はできないと思います。

自己破産以外では、借金を減額して残りを支払うという形になっていますからね。

 

自己破産というとものすごくイメージが悪いですが、借金の返済に苦しんでいる生活よりか自己破産後の生活の方が穏やかに暮らすことができますよ。

借金の返済に本当に苦しんでいるのであれば、自己破産をするのも一つの手段です。

国に認められている方法なわけですし、そこまで恥じる必要はないですよ。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

 

また、なるべく早めに仕事を見つけるということも借金をどうにかするということだけでなく、今後の生活のためにもなります。

その場しのぎとしてアルバイトをするというのも大切なので、とにかく収入を得るように頑張りましょう。

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ