任意整理ができない場合があるのか?交渉に応じない会社とは?

Fotolia_34155995_Subscription_Monthly_XL_R

任意整理をするとき

  • 任意整理ができない場合はあるのか?
  • 任意整理できない会社はあるのか?
  • 任意整理で交渉失敗することはあるのか?
  • 任意整理をするとき断られる業者はあるのか?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では任意整理ができない場合について詳しく説明していきます。

1.任意整理ができない場合はあるのか?

自己破産には免責不許可事由といって、自己破産をしても借金が0にならない人もいます。

例えば、投資による借金、ギャンブルによる借金などが有名ですね。

任意整理でも自己破産のように、できない場合があるのではないか、と考えてしまいますよね。

 

任意整理は裁判所を通さずに弁護士が業者と交渉をして、話をまとめる借金の整理方法です。

任意整理については、法律で制限がかけられているわけではありません。

どんな借金理由であっても、複数回の任意整理であっても法律的には問題ありません。

なので、大抵の場合は任意整理はできるということになります。

ただ場合によっては任意整理を行っても、話がまとまらずに和解ができないこともあります。

2.任意整理で交渉が失敗やすいパターンとは?

任意整理を行うとき、スムーズに交渉がまとまることもあれば、なかなか交渉がまとまらずに和解できないこともあります。

特に弁護士が提示した返済計画に、貸金業者側は不満がある場合は、話がまとまりません。

そのため実質的に任意整理ができないことになります。

 

どういった条件を提示するときに、貸金業者の抵抗が強いのかと言いますと

  • 2回以上の任意整理
  • 60分割以上(5年以上の返済期間)
  • 大幅な借金額の減額要求
  • すべての遅延損害金のカットを要求

などがあります。

 

どんな内容で和解できるかは、貸金業者との取引の期間によっても変わります。

長期間取引をしている場合、それだけ貸金業者に多く利息を払っていることになります。

任意整理をする段階ですでに十分な利益を上げているのであれば、交渉内容にも融通をきかせてくれる可能性が高いです。

しかし取引期間が短く、数回しか返済していない場合には、できるだけ早く借金を回収したいと考えるため任意整理の交渉が難しくなる傾向にあります。

 

2回以上の任意整理であったり、借金額が大きかったりする人には、あまり任意整理の効果をあまり期待しない方がいいでしょう。

もしも任意整理で話がまとまらず、返済をすることができないという場合には、個人再生や自己破産を選ぶことになるでしょう。

とはいえ、弁護士の交渉力によって左右されるところが多いので、債務整理に強い弁護士に相談をしましょう。

 

返済が苦しい状況にあるなら、とりあえず借金減額シミュレーションを使っていくら借金が減るのかだけでも専門家に聞くことをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか弁護士に相談するならこちら

3.任意整理ができない貸金業者はあるのか?

すでに倒産してしまった会社にはさすが任意整理ができません。

しかし、現在営業している消費者金融やカードローン会社、クレジットカード会社であれば、基本的に任意整理の交渉に応じてくれます。

 

任意整理はあくまで弁護士と債権者の間で交渉を行って借金返済金額を減額する整理方法です。

ですが、交渉を全く受け付けない貸金業者というのはありません。

下手に突っぱねて任意整理の交渉を拒否すると、自己破産される可能性が高くなりますからね。

貸金業者としても自己破産されるよりも任意整理で元本を完済してくれた方が損害が小さくなります。

そのため任意整理の交渉を受け付けてくれる貸金業者がほとんどというわけです。

4.任意整理をしない方がいいこともある

自分では任意整理で借金を返済できると思うかもしれませんが、場合によっては任意整理をやらない方がいい場合もあります。

例えば、借金額が大きい場合に任意整理をしても、その後の返済ができなければ、結局個人再生や自己破産をすることになります。

それだったら、最初から個人再生や自己破産を選んだ方が、弁護士費用も節約できますし、早く借金に苦しめられない生活に戻ることができます。

任意整理ができないのであれば、無理に任意整理をしないほうがいいこともあるんです。

 

任意整理をするときには、任意整理後の毎月の返済が無理なくできるかがポイントです。

少しでも大変そうと思うのであれば、思い切って個人再生や自己破産を選んだ方が結果的にはよくなることの方が多いですよ。

任意整理をするときには相談する弁護士の話を良く聞いて自分で判断をしましょう。

>>とりあえず匿名・無料で債務整理に強い弁護士に依頼をするならこちらから

まとめ

任意整理を行うための制限はありませんが、交渉内容によっては貸金業者と話がまとまらないこともあります。

任意整理ができないようであれば、無理に任意整理をやらない方がいいです。

その場合には、個人再生・自己破産による債務整理を行いましょう。

もちろん任意整理で借金が整理できるかはあなたの状況によって変わります。

とりあえず借金減額シミュレーションを使っていくら借金が減るのかだけでも専門家に聞くことをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか弁護士に相談するならこちら

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法を大公開!

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などから、あなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金をいくら減らせるのか
・毎月の返済額をいくらに減らせるのか
・どんな方法で借金を整理するのが最適なのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くなら、もっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのも、当然ありです。

入力作業は3分もかからず匿名・無料で使えるので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみることをおすすめします。

もしかしたらあなたの借金も大幅に減らせるかもしれませんよ?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

債務整理 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
借金地獄 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
闇金 返済 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ