任意整理手続きの流れについて

0-11

  1. 弁護士に委任
  2. 業者に受任通知が送られる
  3. 業者に取引履歴の開示を要求
    (業者が取引履歴の開示をする)
  4. 利息制限法に基づいて借金の計算をし直す
  5. 返済計画を立てる
  6. 業者に交渉をする
    (業者が合意する)
  7. 返済していく

任意整理の流れは以上のようになっています。

それぞれについてもう少し説明を加えていきます。

弁護士に委任

任意整理は個人でもできますが、実際に業者との交渉となると個人では相手にされないことが多いです。

また、交渉できたとしても、専門家である弁護士に比べると悪い条件になりがちです。

なので、任意整理をする際にはまずは弁護士に相談し、委任するところから始まります。

業者に受任通知が送られる

弁護士から業者に受任通知が送られると、業者は債務者に対して取り立てをすることができなくなります。

というのも、弁護士に依頼をする際には委任契約を結びます。

委任契約をすることですべての交渉は弁護士が行うことになるので、債務者に取り立てをすることができなくなるのです。

委任契約を結べば、弁護士があなたの前に立って守ってくれるということですね。

これのおかげで取り立ての恐怖がなくなり、安心した生活を送ることができます。

業者に取引履歴の開示を要求(業者が取引履歴の開示をする)

基本的には受任通知を送ると同時に、取引履歴の開示を要求します。

あなたが契約書や明細書を完ぺきに残している場合は必要ありませんが、すべてそろっていることは稀です。

なので、どのように取引を行ったのかを判断するために業者が所持している履歴の開示を要求するのです。

利息制限法に基づいて借金の計算をし直す

取引履歴を見ることによって、必要以上の利息を支払っていたかどうかが分かります。

必要以上の利息を支払っていた場合は、利息制限法に基づいて引き直し計算を行います。

引き直し計算をすることで、あなたの本当の借金額を知ることができます。

この時、場合によっては過払いが発覚することがあります。

過払いしていた場合は、業者に対して過払い金の請求を行います。

返済計画を立てる

引き直し計算をしても、借金が残っている場合は、その借金の返済計画を立てていきます。

この時には、あなたが無理なく返済することができる計画を立ててもらうことができるので、借金の整理が非常にやりやすくなるのです。

※過払いのみの場合は返済計画は必要ありません。

業者に交渉をする(業者が合意する)

返済計画を立てることができたら、いよいよ業者と交渉をしていきます。

とはいっても、弁護士がやってくれるのであなたは特にすることはないでしょう。

それに法律のプロである弁護士に任せているわけですから、何も心配する必要はありません。

あなたが無理なく返済できるように取り計らってくれます。

返済していく

弁護士による交渉がうまくいったら、あなたは返済計画に基づいて返済をしていきましょう。

任意整理をすることで、将来利息を支払う必要がなくなることが多いので、通常の返済よりも圧倒的に楽になります。

楽になったからと言って油断してお金を使いすぎないようにしましょう。

まとめ

以上のようなプロセスを経て、借金の返済をしていきます。

任意整理をすることで、将来利息を支払う必要がなくなるので通常の返済よりも楽になります。

弁護士に任意整理をするとなるとお金がかかりますが、そのお金よりもカットできる利息の方が多くなることの方が多いです。

 

任意整理が個人でできるからと言って、個人でやっても弁護士と同じような結果を得るのは難しいでしょう。

確実に借金を返済していきたいならば、弁護士に頼んで任意整理をすることをお勧めします。

>>無料&匿名で任意整理に強い弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ