奨学金があるけれど任意整理をしても大丈夫?

Fotolia_48265569_Subscription_Monthly_XXL_R

借金を整理するときに、整理したくない借金があることってありますよね。

例えば、奨学金というのは連帯保証人がしっかりとついているので、万が一返済が正常に行われなかった場合、家族や親戚に迷惑をかけることになります。

 

こういった場合に任意整理を行っても大丈夫なのかということについて、この記事では詳しく書いていきます。

奨学金がある場合の任意整理について

奨学金は整理したくないという場合には、任意整理を行う時に対象外にすれば問題ありません。

任意整理では、借金を整理する相手を選ぶことができるので、奨学金以外の借金だけを整理することができます

ただしこの場合には、奨学金の返済をきちんと行うことができるかどうかが大切です。

 

というのも、任意整理で奨学金以外の借金を整理したとしても、その後に返済が待っています。

「残った借金の返済+奨学金の返済」となるのに注意してください。

例えば、残った借金が100万円の場合。

任意整理では原則として3年で返済をしていきます。(最大で5年)

すると、毎月の返済額は、約2万7000円です。

奨学金の毎月の返済額が1万3000円だった場合、合計で

27000+13000=40000円

となります。

毎月4万円返済をしていく必要があるということです。

 

この余裕がある場合には、奨学金以外の借金だけを任意整理で整理するといいでしょう。

>>匿名・無料で任意整理に強い弁護士に相談するならこちらから

 

任意整理では返済が難しそうな場合には?

任意整理で行うことが難しい場合には、個人再生や自己破産を選択するしかないでしょう。

個人再生や自己破産の場合は、借金のすべてを整理することになるので奨学金だけ対象外にするということはできません。

そのため保証人になってくれている人に迷惑をかけることになりますね。

 

迷惑をかけるからと言って、任意整理で無理な返済プランを立てても、途中で支払うことができなければ意味がありません。

結局、個人再生や自己破産を選ぶことになりますからね。

余計な手間とお金をかけただけになってしまいます。

そういった無駄をなくすためにも、潔く個人再生や自己破産を選択するというのも一つの手です。

 

その場合、迷惑をかける相手にはきちんと謝罪をするということが大事です。

また、将来的に支払っていくことを約束するのもいいでしょう。

個人再生や自己破産をすることで、借金が減ったりチャラになったりしますが、個人的に返済をする分には問題がありません。

あくまで貸し手が借金の取り立てを行うことができなくなるだけですからね。

 

こういった方法もあるので、借金で困って途方に暮れているのではなく、とりあえず弁護士に相談をしてあなたに最適な返済計画を立てましょう。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法とは?

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などからあなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金がいくら減るのか
・毎月の返済額がいくらに減るのか、
・どんな方法で借金を整理するべきなのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くならもっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのもありです。

入力作業は3分もかからないので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ