任意整理をするとマンションやアパートの賃貸契約は無理?

Fotolia_46102727_Subscription_Monthly_XXL_R

任意整理をするとブラックリストに載ると言われています。

ブラックリストというと、非常に悪いイメージがついているので、日常生活にも影響が出るのではないかと思ってしまいますよね。

特にマンションやアパートの賃貸契約というのは、人が生活する上では非常に重要な所なので気になっている人も多いです。

 

そこで、この記事では任意整理をした場合の賃貸契約について詳しく説明していきます。

  • 任意整理をすると賃貸契約を結ぶことができない?
  • 任意整理をすると保証会社を利用できなくなる?

任意整理をすると賃貸契約を結ぶことができない?

任意整理をすると、確かにブラックリストに載ってしまいます。

しかし、ブラックリストに載ったからと言って賃貸契約を結ぶことができなくなるということはありません。

通常通りに、賃貸契約を結ぶことができます。

 

というのも、ブラックリストに載るというのは信用情報と言って、お金の貸し借りに関係する情報機関に悪い情報が載ることを指します。

この情報を見ることができるのは、お金の貸し借りに関係する会社だけですので、大家さんや不動産会社というのは見ることができません。

そのためブラックリストに載っていても、賃貸契約を結ぶことができるのです。

任意整理をすると保証会社を利用できなくなる?

賃貸契約を結ぶときに、保証人を用意することができれば、保証会社を利用することはありません。

しかし、保証人を用意することができなければ保証会社を利用することになりますよね。

 

この時保証会社の中には、ブラックリストの情報を見ている場合があります。

そのため保証会社の審査が通りにくくなることがあります。

 

本来であれば、見ることは禁じられているのですが、保証会社としてはリスクを回避するために徹底的に調べているケースもあります。

賃貸契約の保証会社というのは、利益が少なくリスクが高いらしいですからね。

そういったこともあって、徹底的に調べているケースもあるのです。

全ての保証会社が行っているわけではないので、一つ審査が通らなかったら他のところに申し込めば大丈夫でしょう。

まとめ

このように任意整理をしたからと言って、部屋を借りることができなくなるということはありません。

任意整理をするにはいろいろと不安なことが多いと思いますが、借金の返済を楽にすることができるわけですから、勇気を振り絞って弁護士に依頼をするようにしましょう。

>>匿名・無料で任意整理に強い弁護士に相談するならこちらから

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法とは?

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などからあなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金がいくら減るのか
・毎月の返済額がいくらに減るのか、
・どんな方法で借金を整理するべきなのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くならもっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのもありです。

入力作業は3分もかからないので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ