生活保護受給者が借金を任意整理や特定調停で整理できる?

Fotolia_46820062_Subscription_Monthly_XXL_R

生活保護を受給するときには、多くの場合では借金を整理してから受給をすることになっています。

借金を抱えていると、生活保護費を返済に使ってしまう人がいますからね。

また、借金と言っても(マイナス)資産なので、資産がある人は基本的にNGとなっています。

しかし、自治体によって審査が通る基準が異なり、場合によっては借金があっても普通に生活保護をもらうことができることもあります。

 

そこでこの記事では、生活保護の状態で借金を整理する方法について詳しく説明していきます。

  • 生活保護受給者は任意整理・特定調停ができる?
  • 生活保護受給者は債務整理を使うことができないの?

生活保護受給者は任意整理・特定調停ができる?

「自力で返済するのは難しい」ということで債務整理の中の任意整理や特定調停をしようとするもいます。

利息をカットすることができれば、何とか支払うことができるという場合は、これらを選ぶことになりますからね。

しかし、任意整理や特定調停は生活保護を受けている場合は、行うことができません。

 

というのも、生活保護費を借金の返済に使ってはいけないからなのです。

万が一、使ったことが自治体にばれると、生活保護費の需給は中止になります。

そうなっては、あなたも困りますよね。

任意整理や特定調停だと、借金を整理した後に返済をすることが前提の債務整理です。

いくら生活保護費を節約して余らせることができるからと言って、借金の返済には使わないようにしましょう。

生活保護受給者は債務整理を使うことができないの?

基本的には借金がある場合は、再び働き始めるまで支払いを停止しておくのがいいですね。

消費者金融などの借りたところに生活保護を受けていると連絡をするといいでしょう。

ずっと無視をしていても生活保護費からお金を取ることは禁じられているので、好きな方を選んでください。

 

これが基本なのですが、どうしても借金を整理したい場合には、最終手段があります。

それは自己破産です。

自己破産であれば、手続きが終わると借金が0になり、返済には1円も使うことがないので、生活保護受給者でも行うことができます。

 

また、弁護士に依頼をするときに、生活保護受給しているということを伝えれば、法テラスの利用を勧められます。

生活保護をもらっているのであれば、法テラスが自己破産の費用を支払ってくれるので、実質無料で自己破産を行うことができます

多額の借金を抱えている場合には、生活保護から抜け出した後に苦しい生活になり、再び生活保護に逆戻りをすることもあります。

そうならないように、生活保護をもらっているときに手続きを済ませてしまうのも、一つの手でしょう。

 

生活保護受給者でどうしても借金をなくしたいという場合には、とりあえず弁護士に相談をしましょう。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ