二回目の債務整理は可能?(任意整理・個人再生・自己破産)

Fotolia_51850519_Subscription_Monthly_XXL_R

過去に一度、任意整理、個人再生、自己破産などをやったとしても、再び借金が増えてしまい債務整理をする必要のある状態になってしまうこともあります。

そうなった時に、どんな債務整理の方法があるのかというのは、過去に行った債務整理に手段によって異なります。

それぞれの場合について、どんな対処方法があるのかを説明していきます。

  • 過去に任意整理をしたことがある場合
  • 過去に個人再生をしたことがある場合
  • 過去に自己破産をしたことがある場合

過去に任意整理をしたことがある場合

任意整理中に選ぶことができる債務整理方法について

任意整理の場合は、無理なく返済可能な返済額での返済となっていますが、その後、リストラに合ってしまった、病気にかかってしまったなどの理由で、返済することが難しくなることもありますよね。

そんな場合に、再び債務整理をして返済プランを変更するのは難しいです。

 

かなりギリギリの返済金額なので、それを下げることに対して業者が反発してもおかしくはありません。

そうなると、業者との交渉である任意整理は難しいですね。

なので、この場合は個人再生や自己破産などを選択をすることも視野に入れましょう。

個人再生や自己破産であれば、業者との交渉ではないので、認められるでしょう。

同じ弁護士に頼むのはちょっと気が引けるという場合には、新しく別の弁護士に依頼をするのも一つの手です。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

任意整理後の債務整理について

任意整理後であれば、任意整理を含めてすべての債務整理が認められる可能性が高いです。

なぜ任意整理後であれば、任意整理も大丈夫なのかと言いますと、実は任意整理では業者は損をするわけではありません。

確かに任意整理をすることで、将来利息をカットするので、利益は減ります。

 

しかし、元本は返済してもらいますし、それまでの利息もしっかり得ているので、任意整理をされても利益は出ているのです。

そのため業者の抵抗もそこまで強くない可能性が高いです。

どんな整理方法を選ぶべきかを弁護士に相談して聞いてみましょう。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

過去に個人再生をしたことがある場合

過去に個人再生をしたことがある場合は、7年間は個人再生をすることができません

その後であれば、すべての債務整理を行える可能性があります。

 

ただし、1回目と同じ業者からお金を借りていた場合、債権者が個人再生を行うことを認めない場合があります。(小規模個人再生の場合は、債権者の半分以上から反対があると行えません)

2度も借金の大幅な減額されたら損害が大きくなりますからね。

債務整理をした時に再び同じところから借りるのは難しいですが、それでも消費者金融はお金を貸さないことにはお金を稼げないので、貸す場合もあります。

その場合には、業者の抵抗が強い可能性が高いので気を付けてください。

個人再生が無理という場合には、自己破産をするしかないでしょう。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

過去に自己破産をしたことがある場合

自己破産の場合は個人再生の時と同様に、7年間は自己破産を行うことができません

また、個人再生も7年間は行うことができません。

その期間を過ぎれば、自己破産、個人再生を行うことができる可能性があります。

 

可能性はありますが、2度目の自己破産の場合、裁判官が免責を認めないこともあります。

自己破産は債務整理の中でも、最終手段的な存在で、人生に一度しか使えないと思って使う必要があると言われています。

一応7年経てば再び使うことができると言われていますが、それは本当に困った人を救う時のためです。

 

過去と同じような理由の場合、反省が見られないということで、免責を認めないとしても不思議ではありません。

例えば、1回目の時も消費者金融からお金を借りて、その返済が厳しくなって自己破産をした場合

自己破産後も懲りずに消費者金融からお金を借りていたら、反省している様子が感じられないでしょう。

こういった場合は、認められない可能性が高いということです。

もちろん消費者金融から借りた理由が異なる場合もあるので、一概には言えません。

本当に困っている場合には、一度弁護士に相談することをお勧めします。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

まとめ

任意整理→個人再生→自己破産

という順番で、債務整理における効力が強くなっていきます。

借金の大幅減額や免除ができるからといって、何回も使おうとすると、痛い目を見る可能性があります。

できることなら、2回目の債務整理を行わないように努力しましょう。

 

努力をしても借金が返済できないという場合には、弁護士に相談ですね。

ここで紹介した例は、あくまで一例で、人によって状況が変わるので、厳密なことは弁護士に聞いてください。

同じ弁護士に頼むのはちょっと恥ずかしいという場合には、新しく別の弁護士に依頼をするのも一つの手です。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ