債務整理は弁護士と司法書士のどちらに相談するべきか?

Fotolia_45340117_Subscription_Monthly_XXL_R

債務整理をしようと考えた時、基本的には専門家に相談をすると思います。

しかし、専門家といっても、「弁護士」と「司法書士」がいるので、どちらに相談をするべきなのか悩みますよね。

人によっては

「なんだか弁護士は威厳があって、相談しにくいから司法書士に相談しよう」
「弁護士の方が、頭が良さそうだから、弁護士に相談しよう」

など、イメージで決めてしまうことも少なくありません。

 

しかし、弁護士と司法書士には大きな違いがあるので、イメージで相談する相手を決めてはいけません。

下手に選んでしまうと、あなたが損をしてしまうこともあるので気をつけてください。

正しい専門家に相談する際には、両者の違いをしっかり把握しておきましょう。

 

この記事では債務整理をする際における弁護士と司法書士の違いやどちらに相談するべきなのかを書いています。

【目次】

  • 任意整理、過払い金返還請求における弁護士と司法書士の違いについて
  • 個人再生と自己破産における弁護士と司法書士の違いについて
  • 結局、弁護士・司法書士、どっちに相談するのがいいのか?

任意整理、過払い金返還請求における弁護士と司法書士の違いについて

弁護士 司法書士(認定司法書士)
任意整理 交渉権や代理権あり
(借金額による制限なし)
借金額が140万円以下の場合、交渉権や代理権あり
過払い金返還請求 交渉権や代理権あり
(借金額による制限なし)
借金額+過払い金が140万円以下の場合、交渉権や代理権あり

任意整理と過払い金返還請求における弁護士と司法書士の違いは上の表のようになっています。

司法書士の場合は、金額による制限があるということです。

 

少額の借金であれば、司法書士に依頼しても大丈夫ですが、借金額が140万円よりも大きい場合には弁護士に相談するようにしましょう。

司法書士に相談すると、金額の制限があるため意図的に金額を変える悪い司法書士もいます。

例えば、本当は過払い金が160万円発生すると、司法書士では交渉権ないので、140万円の過払い金が発生していると顧客に伝えるということがあるかもしれないということです。

 

もちろん正しく情報を伝えて処理してくれる司法書士もいますが、こういったリスクがあるということは知っておいてください。

ちなみに仮に160万円発生したことを教えてくれたとしても、司法書士では交渉することができないため、結局弁護士に頼むことになりますね。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

 

個人再生と自己破産における弁護士と司法書士の違いについて

弁護士 司法書士
個人再生 代理人になれる
(すべての手続きを代わりにやってもらえる)
書類作成のみ
自己破産 代理人になれる
(すべての手続きを代わりにやってもらえる)
書類作成のみ

個人再生と自己破産における弁護士と司法書士の違いは上の表のようになっています。

個人再生と自己破産は、任意整理・過払い金返還請求の場合よりも大きな違いとなっています。

 

司法書士は書類作りをしてくれるだけなので、申し立てや裁判での対応は自分で行う必要があります。

また、自己破産をするときに、免責が認められない疑いがあり調査が必要な場合や大きな財産(家など)を処分する必要がある場合には、管財事件となります。

この時、裁判所への予納金として50万円かかります。

それに対して、弁護士の場合は、書類作りは当然、申し立てや裁判での対応などもすべて弁護士が代わりにやってくれます。

余計な面倒が一切かからないということですね。

 

また、管財事件となった場合、通常であれば予納金50万円がかかるところを20万円しかかからない少額管財にすることもできます。

少額管財は弁護士しか申し立てをすることができないもので、破産までの期間も通常の半年くらいかかるところを3~4か月程度で終わらせることができます。

少額管財では、あなたの代わりである弁護士が調査に協力することで、費用を抑えることができるそうです。

このように弁護士に依頼をした方が多くのメリットがありますね。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

 

結局、弁護士・司法書士、どっちに相談するのがいいのか?

弁護士と司法書士の違いを見てもらったならわかると思いますが、弁護士に相談をするのがベストです。

まずどんな種類の債務整理をするかは、あなたの借金状況や収入状況によって変わります。

どの種類の債務整理にするべきなのか分からない段階で司法書士してしまうと、最悪の場合、司法書士の都合に合わせて種類を選ばされることになる可能性があります。

 

例えば、本来であれば個人再生や自己破産をするべきところでも、それをお勧めしたら弁護士に依頼される可能性が高くなるので、あえて任意整理を勧めてくる場合があります。

そうなると任意整理をしても自分で返済することができない金額の借金が残るので、結局、個人再生や自己破産をすることになります。

そのときに弁護士に依頼をするとなると、「司法書士への報酬+弁護士への報酬」となるので、余計な出費をすることになりますね。

 

これはあくまで最悪のケースですけどね。

弁護士に依頼すれば、こういった問題が起こることなく、スムーズに最高の結果を得ることができます。

余計な面倒や無駄な出費を防ぐためにも、最初から弁護士に依頼をするようにしましょう。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

まとめ

弁護士と司法書士の違いは

どの種類の債務整理でも、完ぺきに仕事を任すことができるのが弁護士

一部の場合においては代理することができるが、他の場合では書類作成がメインの司法書士

司法書士よりも弁護士に依頼をした方が余計な面倒がかからず、債務整理をすることができます。

とりあえず迷ったら弁護士に依頼をするのが確実ですよ。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

 

 

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ