債務整理でアパート契約できない?保証会社の利用について

Fotolia_48265569_Subscription_Monthly_XXL_R

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)をするときに

  • 債務整理をするとアパート契約ができなくなるって本当?
  • 債務整理後に賃貸マンションを借りる方法とは?
  • 債務整理後にアパートを借りるとき保証会社を使うことができる?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)後のアパート契約について詳しく説明していきます。

1.債務整理をすると賃貸マンションやアパート契約ができなくなるって本当?

任意整理や個人再生、自己破産などの債務整理をしたせいで、賃貸マンションやアパートが借りられなかったという話をしている人がいます。

しかし、賃貸マンションやアパートの審査結果が出るときに理由は聞けないので、債務整理が原因だとははっきり分かっていないと思います。

おそらく債務整理以外のことが原因で賃貸マンションやアパートの審査に落ちたのだと思います。

 

そもそも債務整理をしたからと言って部屋が借りられないということは、ありえません。

これは任意整理・個人再生・自己破産のすべての債務整理がそうです。

住む場所というのは人が生きていく上では必要なものなので、債務整理をしたら賃貸マンションやアパートを借りられなくなると言ったら、誰も債務整理をしなくなります。

それでは債務整理という制度がある意味がなくなってしまいます。

もし債務整理を考えているけれど、賃貸マンションやアパートが借りられなくなったら困ると心配していたのであれば安心してください。

債務整理後でも住むところに困るなんてことはないですよ。

>>とりあえず匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談してみるならこちら

2.なぜ賃貸マンションやアパート契約ができないという情報が出回っているのか?

それでは、なぜアパート契約ができないなんていう情報が飛び交っているのか、どういった場合にアパート契約がしにくくなるのかということについて詳しく書いていきます。

収入に見合った部屋を選んでいるのであれば、考えられる理由として、家賃の振込みがクレジットカードによる引き落としになっている場合が考えられます。

 

一部の賃貸契約では、家賃の振り込みがクレジットカードになっているところがあります。

こういった部屋の契約をする場合、債務整理をするとクレジットカードが使えなくなるので、支払いができないという問題が発生します。

また、クレジットカードがない場合に賃貸契約と同時申し込みという形でクレジットカードの契約が迫られることがあります。

クレジットカードを契約する場合には、信用情報(ブラックリスト)を見る権利があるので、それを見られて審査が通りにくくなるということが考えられます。

つまり、賃貸契約にクレジットカードが関係している賃貸マンションやアパートの場合は、契約しにくくなるということです。

 

もしもクレジットカードが関係していたら、その物件はあきらめるしかないですね。

クレジットカードが関係していない限り、信用情報を見ることはできないというか、見たら法律違反なので、債務整理をしたかどうかというのは、審査の対象外となっています。

なので、通常であればこの場合以外で債務整理が関係してくるはずがないのですが、保証会社を利用する場合は必ずしもそうではないみたいです。

3.賃貸マンションやアパート契約がしにくくなるのは保証会社が問題?

保証人を用意できる場合には、あまり関係がありませんが、保証人がいない場合や一部の賃貸契約では保証会社を利用することが義務付けられています。

本来であれば、保証会社は信用情報を見てはいけないのですが、独自にいろいろな調査をする、法律違反であることを知った上で信用情報を見ることがあります。

 

保証会社の審査内容というのは、不動産会社にも分からないようなブラックボックスになっています。

そのためどんなふうに審査をしているのか全く分からないようになっています。

なので、正直な所、債務整理が原因なのか、何かの滞納(税金や携帯料金)が原因なのか、それとも収入、勤務状況が原因のかは分からないです。

 

なぜ厳しい審査をしているのかと言いますと、家賃保証会社は支払い能力がない人と契約をしてしまうと大きな損害になってしまうからです。

意外と家賃の滞納や夜逃げが多く、十分な収益をあげられていないというのが現状です。

実際に多くの保証会社が倒産していますし、存続している会社は大きな親会社があります。

収益を出すために、支払い能力がある人以外とは契約をしないように厳しい審査をしているところが多いみたいです。

 

中には審査が通りやすい保証会社もあるので、一つの保証会社がダメだった場合は他の保証会社を利用するなどをすれば、アパート契約することができます。

保証人を用意できない場合であっても、賃貸マンションやアパートが借りられなくなるということはありません。

まとめ

債務整理をしたからと言って賃貸マンションやアパートを借りられないということはありません。

しかし、保証会社を利用する場合は、審査が厳しい場合があるので、できれば保証人を用意してアパート契約をしましょう。

>>とりあえず匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談してみるならこちら

 

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法とは?

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などからあなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金がいくら減るのか
・毎月の返済額がいくらに減るのか、
・どんな方法で借金を整理するべきなのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くならもっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのもありです。

入力作業は3分もかからないので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ