債務整理するとボーナスは返済に使われる?ボーナス払いはできる

債務整理をした場合、自己破産以外では残った借金を返済しなければいけません。

任意整理や個人再生では3~5年かけて残りの借金を返済していく必要があります。

その返済計画の中で、ボーナスの扱いはどうなるのでしょうか?

  • 強制的にボーナスは返済に使われてしまうのか?
  • 早く返済を終わらせるためにボーナス払いができるのか?

色々な疑問があるかと思います。

そこでこの記事では債務整理後のボーナスの扱いについて詳しく説明していきます。

1.債務整理するとボーナスは強制的に返済に回される?

債務整理をしても、ボーナスが強制的に返済に回されることはありません。

これは任意整理、個人再生の両方ともそうです。

 

債務整理後の財産は基本的に自由に使うことができます。

仮に自己破産をした後に転職などで収入が増えたからと言って、それを債権者に払う必要性がないのと同じです。

なので、債務整理後でもボーナスも自由に使うことができます。

 

返済が苦しい状況にあるなら、とりあえず借金減額シミュレーションを使っていくら借金が減るのか専門家に聞くことをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べてみるならこちら

2.債務整理の返済でボーナス払いをすることはできる?

任意整理や個人再生の返済計画で、ボーナス払いを組み込むことはできます。

 

ボーナス払いにすることで、毎月の返済額を減らすことができます。

毎月の収入の多くは生活費に使わなければならず支払いの余裕があまりないという場合には、ボーナス払いにすると毎月の生活に余裕ができます。

また毎月の支払+年2回のボーナスという支払形式にすると、返済期間を短くすることができます。

早めに返済を終わらせたいという場合にはボーナス払いも追加するといいですよ。

3.債務整理の返済でボーナス払いはやめたほうがいい

任意整理や個人再生の返済計画でボーナス払いにすることで上で示したようなメリットはあります。

しかし、返済計画にはボーナスは入れないことをお勧めします。

 

ボーナス払いで支払い期間を短縮したとしても、あまり意味がありません。

任意整理や個人再生後には利息が付くわけでもないので、早く返済したところで返済金額は変わりません。

また早く返済してもブラックリストから早く消えるというわけでもありません。

 

任意整理や個人再生の返済計画は最低でも3年にわたるものです。

その期間中ボーナスが必ずもらえるとは限りませんし、金額が減る場合もあります。

結構不確定要素が大きいのがボーナスです。

そうなると返済計画通りに返済できなくなる可能性があります。

なのでボーナスに頼って返済計画はあまりお勧めしません。

 

債務整理の後返済の期間は長いので、予想外の出費が発生することもあります。

ギリギリの状態で返済していると、予想外の出費に対応できなかったり、返済が滞る可能性もあります。

なので、ボーナスをもらった場合には、もしものために貯金をしておくことをお勧めします。

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法とは?

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などからあなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金がいくら減るのか
・毎月の返済額がいくらに減るのか、
・どんな方法で借金を整理するべきなのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くならもっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのもありです。

入力作業は3分もかからないので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ