借金を債務整理すると保証人にどう影響する?影響をなくす方法は?

借金を債務整理するとき、保証人が付いている借金ってありますよね。

例えば、住宅ローン、奨学金、自動車ローンなどは保証人が付く場合があります。

債務整理をして保証人に迷惑をかけたくないという人は多いと思います。

債務整理をして保証人に迷惑をかけない方法はあるのでしょうか?

そこでこの記事では債務整理の保証人への影響について詳しく解説していきます。

1.保証人付きの借金を債務整理するとどんな影響が出るのか?

保証人付きの借金を債務整理すると、保証人に損害分が請求されます。

債務整理の効果は本人のみで保証人にまでは効果が及びません。

 

そもそも保証人とは、お金を借りた人が借金を返済しない場合に代わりに借金を返済すると約束をした人のことを指します。

債務整理で借金を整理するといっても、債権者からしたら借金を返済されないわけで、その分の損害は保証人が支払わなければいけなくなります。

このように保証人付きの借金を債務整理をすると迷惑をかけることになります。

 

しかしだからと言って、借金問題を先延ばししているとさらに借金が膨らんで保証人への負担が大きくなることもあります。

それならば早めに対処してしまったほうが結果的に負担が少なくなることもあります。

返済が苦しい状況にあるなら、とりあえず借金減額シミュレーションを使っていくら借金が減るのか専門家に聞くことをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べてみるならこちら

2.債務整理をして保証人への影響を最小限にする方法とは?

保証人付きの借金を債務整理してしまうと、保証人に請求がいってしまいます。

しかし保証人に請求がいかないようにしたり、保証人の生活への影響を減らす方法もあります。

それについて詳しく説明していきます。

・任意整理で保証人なしの借金だけを整理する

任意整理は整理する借金を選ぶことができる債務整理の方法の一つです。

保証人が付いている借金については除外して任意整理を行うことも可能です。

そうすれば保証人に迷惑をかける心配はありません。

 

ただ注意点としては、保証人がついている借金を除外するということはそれだけ借金の返済が大変になるということです。

任意整理をしたのに結局途中で支払えなくなってしまったというような状況に陥らないように弁護士の先生としっかりと返済計画を立ててください。

・保証人と一緒に債務整理をする

債務整理をして借金返済の義務を保証人が負わないようにするには、一緒に債務整理をするという方法があります。

例えば、任意整理を保証人と連名で行えば、保証人に請求が行くことはありません。

 

ただ一緒に債務整理を行った場合、保証人もブラックリストに載ってしまうという欠点があります。

保証人が夫婦などの場合であれば一緒の家計で暮らしているのであれば、まだ納得のいく方法かもしれません。

しかし親や親族もしくは友人などになると一緒に債務整理をするのはうまくいかないケースも多いです。

自分が借金をしたわけでもないのに債務整理をするというのは敬遠されがちですからね。

 

保証人への影響を減らす方法はありますが、こういったことを一人で悩んでいても借金問題は解決しません。

早めに対処することで傷を浅くできるので、とりあえず借金減額シミュレーションを使っていくら借金が減るのか専門家に聞くことをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べてみるならこちら

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法とは?

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などからあなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金がいくら減るのか
・毎月の返済額がいくらに減るのか、
・どんな方法で借金を整理するべきなのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くならもっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのもありです。

入力作業は3分もかからないので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ