債務整理は家族や配偶者にもデメリットはある?秘密にできる?

「債務整理して家族や配偶者に迷惑をかけるのは嫌だ」

と借金の返済に困っていても債務整理のデメリットに不安があり躊躇してしまう人は多いです。

また家族や配偶者に秘密で債務整理をしたいので、デメリットの影響があるかどうか知りたいという人もいると思います。

そこでこの記事では債務整理のデメリットは家族や配偶者にも影響があるのかどうかについて詳しく説明していきます。

1.債務整理すると家族や配偶者にもデメリットはある?

結論を言いますと、どんな方法で債務整理をするかや状況によって異なります。

うまく債務整理すれば家族や配偶者に影響を及ぼさずに手続きを終えることもできます。

ただ債務整理の内容によっては多少家族や配偶者にも影響が出る場合があります。

どんな場合に家族や配偶者に影響出るのか詳しく見ていきます。

・任意整理・個人再生の場合家族や配偶者への影響をほぼなしにできる

債務整理の中でも任意整理や個人再生の場合は、家族や配偶者への影響をなしにすることができます。

 

例えば、任意整理や個人再生をすることで手続きをした本人は

  • 新しく借金を借りることができない
  • クレジットカードを持てなくなる

などのデメリットはあります。

しかしこれらのデメリットが家族や配偶者に影響を及ぼすことはありません。

 

家族であれば、新しくお金を借りることができますし、クレジットカードもそのまま使うことができます。

ただ要注意なのが、クレジットカードの本会員が夫で妻が家族カードを使っている場合です。

この場合に本会員である夫が債務整理をしてしまうと、妻の家族カードまでも使えなくなってしまいます。

あくまで夫の収入に頼ってカードの審査に通しているので、ブラックリストに載ってしまうことで一緒に使えなくなってしまいます。

ただこの場合でも妻に収入があれば、妻がクレジットカードの申し込みをすることで審査は通ることができます。

 

なので、家族や配偶者に秘密で債務整理をしたいという場合には、任意整理や個人再生で借金を返済できないかと弁護士に相談することをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか弁護士に相談するならこちら

・自己破産の場合は家族や配偶者への影響が出てしまう

債務整理の中でも自己破産はとても強力な方法です。

借金を0にすることができる代わりに、自分の財産も手放さなければなりません。

任意整理や個人再生は自分の財産を手放す必要がないので、家族や配偶者に影響がでにくいです。

 

でも、財産を手放すとなると家族や配偶者に影響が出てしまうことが多いです。

例えば、住宅ローンを組んでいた場合、自己破産をすることで家が没収されて競売にかけられてしまいます。

住んでいた家がなくなるので、どうしても引越しをする必要があります。

引越し先にもよりますが、子供も転校しなければいけないかもしれません。

このように自己破産をすると所有している財産によっては、家族や配偶者に迷惑をかけることになります。

ただこの場合でも借金ができなくなる、クレジットカードが持てなくなるなどのデメリットが家族や配偶者に影響を及ぼすことはないので安心してください。

2.債務整理をして家族や配偶者に大きな影響が出る場合

自己破産の場合は多少家族や配偶者に影響が出てしまうことがありますが、任意整理や個人再生の場合はほとんど影響がありません。

しかし、状況によっては家族や配偶者に大きな迷惑がかかる可能性があります。

それは「保証人」になっている場合です。

 

例えば、夫が借金を借りるときに妻を保証人にしたという場合などがありますよね。

この場合、夫が債務整理をしてしまうと残りの借金を妻が返済することになってしまいます。

任意整理であれば手続きをする相手を選べるので、保証人付きの借金は外すということはできますが、自己破産となるとすべての借金が対象となります。

もしこのような場合で妻が借金を返済できないのであれば夫と妻の両方が自己破産をする必要があります。

 

基本的に債務整理をすると保証人には迷惑をかけてしまいます。

なので保証人付きの借金については慎重に債務整理をするかどうかを検討したほうがいいです。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか弁護士に相談するならこちら

3.債務整理をしても子供の将来には影響しない?

債務整理をしたときに子供の進学や就職に影響があるのだけは避けたいですよね。

子供だからと言って借金の返済義務があるわけではありません。

基本的に保証人になっていない限り借金を肩代わりして返済しなければいけないということはありません。

当然進学や就職にも影響はないです。

 

そもそもいちいち親が債務整理をしたかどうかなんてのは学校も会社も調べません。

ただ気を付けたいのが奨学金を借りる場合です。

債務整理をすると5~10年ブラックリストに載ってしまいます。

ブラックリストに載っている状態だと奨学金を借りるときの保証人になることができないんです。

その場合には

  • 奨学金を借りるときに保証会社を利用する
  • 他の親族に保証人になってもらう

などの対処をすることで奨学金を借りることができます。

 

このように基本的には子供への影響はないので安心してください。

返済が苦しい状況にあるなら、とりあえず借金減額シミュレーションを使っていくら借金が減るのか専門家に聞くことをお勧めします。

こちらを使った人の80%以上の人が借金問題を解決していますよ。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べてみるならこちら

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法を大公開!

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などから、あなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金をいくら減らせるのか
・毎月の返済額をいくらに減らせるのか
・どんな方法で借金を整理するのが最適なのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くなら、もっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのも、当然ありです。

入力作業は3分もかからず匿名・無料で使えるので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみることをおすすめします。

もしかしたらあなたの借金も大幅に減らせるかもしれませんよ?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

債務整理 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
借金地獄 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
闇金 返済 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ