債務整理でクレジットカードがないけど海外旅行に行ける?

Fotolia_47796320_Subscription_Monthly_XXL_R

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)をしたらブラックリストに登録されてしまうので、クレジットカードが作れなくなってしまいます。

また、今持っているクレジットカードも解約されることもあるので、実質的にクレジットカードが使えなくなってしまいます。

※例外的に解約されないこともあります。

海外旅行では、クレジットカードによる決済が主流な地域も多かったり、身分証明書代わりにもなったりすると言われています。

 

この記事では、海外旅行に必要なクレジットカードがないけれど、海外旅行には行くことができるのかということについて書いていきます。

クレジットカードがなくても、海外には行けます。

クレジットカードがないと多少不便な思いをするかもしれませんが、海外に行くことはできます

パスポートが発行されれば、海外にはいくことができますからね。

また、パスポートが身分証明書代わりになるので、本人確認が必要な場合はパスポートを見せればOKです。

 

クレジットカードがない状態で海外に行くときの注意点

クレジットカードがないと、その分、現金を持ち歩く必要があります。

海外は日本ほど治安もよくないので、現金を持ち歩く際には注意が必要です。

長財布を後ろポケットに入れておく、なんて状態にしておいたらすぐに盗まれてしまいます。

現金を持ち歩くときには、一つの財布にすべて入れるのではなく、分散しておくといいですね。

例えば、2、3つ財布を用意しておいて、万が一の時に備えるといいでしょう。

クレジットカードの代わりを用意する

債務整理をすると、クレジットカードが作れなくなりますが、他のカードは作ることができます。

例えば、デビットカードやプリペイドカードを作って海外で使うというのもあります。

デビットカードは即時決済で、すぐに銀行から引き落とされるようになっているので、信用情報などの情報は見られません。

銀行口座にお金を用意しておけば、使えるというカードですね。

 

デビットカードは口座に入っている分のお金しか使えないので、海外に行く場合にはあらかじめお金を入金しておくといいでしょう。

また、プリペイドカードも使える金額決まっているものなので、信用情報などを見ての審査はありません。

どうしても海外で現金を持ち歩くのが嫌だという場合には、こういったクレジットカードの代わりになるカードを作るようにしましょう。

まとめ

債務整理をすると、クレジットカードが使えなくなりますが、海外に行くことはできます。

クレジットカードがなければ、現金を持ち歩くか、クレジットカードの代わりとなるカードを作りましょう。

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ