未払いの借金を債務整理できるか?時効を待った方がいい?

返済が苦しくなって未払いの状態の借金を抱えている人も少なくありません。

そんな未払い状態の借金は債務整理することができるのでしょうか?

そこでこの記事では未払いの借金の債務整理について詳しく説明していきます。

1.未払いの借金を債務整理することはできるのか?

現在未払いの状態にある借金でも債務整理することはできます。

 

未払いの状態が続いていると、滞納していた返済金だけでなく、遅延損害金を取られる可能性が高いです。

特に気を付けたいのは長期間未払いの借金です。

自力で返済をしようとすると、莫大な遅延損害金が取られるので、苦しい借金返済生活に陥ってしまうでしょう。

任意整理なら遅延損害金をカットするように交渉することもできます。

借金が未払い状態になっている人ほど債務整理を前向きに検討したほうがいいですよ。

 

返済が苦しい状況にあるなら、とりあえず借金減額シミュレーションを使っていくら借金が減るのか専門家に聞くことをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べてみるならこちら

2.未払いの借金は債務整理よりも時効を待った方がいいの?

未払いの状態が続いていると「そのまま逃げ続けて時効を待った方がいいのでは?」と考える人もいます。

確かに借金には時効があります。

 

消費者金融やカードローン会社などから借りたお金であれば、最終取引日から5年で時効を迎えることになります。

しかし裁判を起こされると、時効が中断されて10年間期間が延長されます。

つまり実質的には15年以上も逃げ続けなければいけないのです。

15年以上も貸金業者から逃げ続けるのは困難です。

 

夜逃げなどをして身元を隠して生活する必要があり、日常生活に大きな支障がでます。

それよりも債務整理をしたほうが、借金問題を根本的に解決することができます。

借金を抱えて逃げ続けるよりもはるかに健全な生活を送ることができます。

なので、未払いの借金を抱えて逃げ続けるよりも早めに債務整理をすることをお勧めします。

 

返済が苦しい状況にあるなら、とりあえず借金減額シミュレーションを使っていくら借金が減るのか専門家に聞くことをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べてみるならこちら

3.借金の未払いが続くと裁判を起こされる可能性が

未払いの借金の時効を迎えるのが難しいです。

未払い状態が続くと債権者に裁判を起こされてしまいます。

借金をしたことが事実であれば、裁判を起こされた場合必ず負けます。

すると、強制執行により口座の差し押さえや給料の差し押さえなどをされます。

 

そうなるともう逃げることはできません。

未払いを続けていても借金はなくなりませんし、それどころか問題は余計に大きくなるばかりです。

昔は怖いお兄さんが取り立てに来るみたいなことがありましたが、今はそういったことはありません。

その代わり法律にのっとって淡々と手続きを進めてきます。

前よりも逃げにくい状態になっています。

 

なので返済が苦しい状況にあるなら、とりあえず借金減額シミュレーションを使っていくら借金が減るのか専門家に聞くことをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べてみるならこちら

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法とは?

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などからあなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金がいくら減るのか
・毎月の返済額がいくらに減るのか、
・どんな方法で借金を整理するべきなのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くならもっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのもありです。

入力作業は3分もかからないので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ