債務整理後に名字が変わればローンやクレジットカードは作れる?

債務整理をした後、基本的にはローンやクレジットカードはあきらめなければいけません。

しかし、少し生活が不便になるので、ちょっとお金を借りたりクレジットカードくらいは持ちたいと考える人も多いです。

そこで結婚や離婚などをして名字が変わった時には、審査に通るのでしょうか?

この記事では債務整理後に名字が変わった場合のローンやクレジットカードの審査について詳しく解説していきます。

1.債務整理後に結婚などで名字が変わったらローンを組んだりクレジットカードを作れる?

結婚などで名字が変わったら、旧姓のときに契約したローンやクレジットカードとは別人のようになれます。

登録情報としては、苗字が変わったら別人のように見えますからね。

そのため債務整理をしてブラックリストに載っていたとしても、別人としてローンを組んだりクレジットカードを作ることができるのでしょうか?

結論を言いますと、苗字が変わっても新しくローンを組んだりクレジットカードを作るのは難しいです。

 

というのも、ローン会社やクレジットカード会社は徹底的に過去の情報を探ります。

新しい氏名になると、過去の情報を探っても一切ないことが分かります。

探しても情報が出てこないって、正直怪しいんです。

そのためより詳しい調査を始めます。

例えば、生年月日や電話番号を使って一致するかどうかを調べられて、旧姓がばれてしまうこともあります。

もしくは確認のために旧姓を聞かれることもあります。

このように徹底的に過去の情報を探るので、苗字が変わったくらいでは新しくローンを組んだりクレジットカードを作ったりするのは難しいです。

 

まれに審査が通ることもありますが、それはたまたま審査が甘かったのか、他の条件(年収が前より増えた、勤務先が一流企業)がよかったからだと思います。

必ず通るわけではないので注意しましょう。

2.嘘の情報を使ってローンやクレジットカードを作ってはいけない

どうしてもローンを組みたかったり、クレジットカードを持ちたいからと言って、旧姓を聞かれたときに嘘をついてはいけません。

 

ローンやクレジットカードの審査は初回1回のみではなく、定期的に行われます。

その時になって個人情報が嘘だったとバレる可能性があります。

そうなると、社内ブラックになってしまい、今後一生その会社の審査に通らなくなる可能性があります。

 

債務整理をして登録されるブラックリストは、5年~10年経てば消えますが、社内ブラックは特に決まりがありません。

基本的にはずっと残り続けるので、その会社や同じ系列の会社の審査ではまず通らなくなるでしょう。

また悪質な場合には、偽証罪に問われる可能性があります。

3.債務整理後にローンを組んだりクレジットカードを作りたいならブラックリストから消えるまで待つ

債務整理をしてブラックリストに載っている間は、ローンやクレジットカードはあきらめたほうがいいです。

ブラックリストは5~10年で消えるので、それまで我慢するしかありません。

下手に小細工して作ろうとすると、より一層状況が悪化する可能性があります。

ブラックリストから消えれば、再びローンを組んだりクレジットカードが作れたりするようになります。

焦らずにブラックリストから消えるのを待ちましょう。

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法とは?

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などからあなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金がいくら減るのか
・毎月の返済額がいくらに減るのか、
・どんな方法で借金を整理するべきなのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くならもっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのもありです。

入力作業は3分もかからないので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ