離婚時に夫(妻)が借金がある場合いつ債務整理するべき?

離婚をするときに借金を抱えているケースはよくあります。

  • 夫が隠れて借金をしていた
  • 生活費のために借金をしていた

など様々なケースが考えられます。

離婚するときに借金を抱えている場合、債務整理はどういったタイミングでやるべきなのでしょうか?

そこでこの記事では離婚をするときの借金と債務整理の関係性について詳しく説明していきます。

1.離婚するときの借金はどう扱われるの?誰が債務整理するべきなの?

結婚している場合であっても、夫婦別産が基本です。

 

夫婦のどちらかが得たことが明確な場合、その財産は片方のものになります。

この場合の財産とは、プラスの財産だけでなくマイナスの財産も当てはまります。

つまり借金も基本的には夫婦別々のものとなるわけです。

なので、借金を抱えている本人が債務整理をする必要があります。

 

ただし気を付けたいのが、借金の使い道です。

自分が欲しいものを買うために使った、ギャンブルに使ったなどであれば、それは個人の借金となります。

しかし生活費のための借金となると、一緒に背負うことになります。

離婚する場合には財産分与でプラスの財産だけでなく、マイナスの財産も分けなければいけないからです。

2.債務整理中に離婚をすることはできる?

債務整理の手続き中や返済途中であっても、離婚をすることはできます。

この場合離婚したとしても、相手に影響はありません。

 

また注意したいのは債務整理の手続きが終わって返済中の場合、離婚しても返済条件が変わるわけではありません。

夫婦の収入をもとに返済計画を立てていた場合、離婚をすると返済が苦しくなる場合があります。

離婚をして収入が減って返済ができないようであれば、自己破産を検討する必要があります。

 

返済が苦しい状況にあるなら、とりあえず借金減額シミュレーションを使っていくら借金が減るのか専門家に聞くことをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べてみるならこちら

3.離婚した配偶者が債務整理すると自分のところに請求が来る?

例えば

離婚した夫が債務整理をした場合、妻に請求が来るのか?
離婚した妻が債務整理をした場合、夫に請求が来るのか?

ということです。

基本的には離婚した配偶者が債務整理をしても、請求が来ることはありません。

元夫婦だからと言って、借金を負う義務はありません。

 

しかし気を付けたいのは、保証人になっていた場合です。

夫がお金を借りるときに妻が保証人になったという場合、夫が債務整理をすると妻が借金を肩代わりすることになります。

保証人は離婚したからと言って消えるわけではないのです。

住宅ローンなどの高額な借金の場合、肩代わりができそうにないなら一緒に債務整理をする必要が出てくるかもしれません。

・離婚後に保証人から抜けるのは難しい

保証人を解除するには契約相手に一定の金額を支払ったり、別の保証人を立てる必要があります。

住宅ローンなどの多額な借金となると、一定の金額を支払ったり、別の保証人を立てるのは非常に難しいです。

そう簡単に保証人から抜けられるわけではないので、注意してください。

4.離婚前に債務整理するとどんな影響が出る?

債務整理の中でも任意整理であれば、離婚前でも特に相手に影響が出ることはありません。

しかし、自己破産をする場合には大きな影響が出ます。

 

自己破産をすると、財産を処分しなければいけなくなります。

例えば、夫が自己破産をする場合、家や車、証券、保険などの財産は処分されてしまいます。

また夫名義の貯金は99万円までしか残すことができません。

仮に住宅ローンなどを夫婦で一緒に返済している場合でも、名義上夫になっている場合は没収されて離婚後の財産分与することができません。

つまり、離婚前に自己破産をすると、夫の財産はほとんどが没収されるので、離婚時の財産分与でかなり少なくなってしまうでしょう。

5.離婚後すぐに債務整理をすると財産隠しが疑われる?

「離婚前に自己破産をすると損をするなら、離婚してから自己破産をしたほうがいい」

と考えるのは普通です。

しかしこの場合は下手をすると財産隠しが疑われ「破産詐欺罪」で逮捕される可能性があります。

 

「どうせ自己破産をして財産を持っていかれるなら妻に多く財産を渡して、自己破産が終わった後に財産を返してもらおう」

と考える人がいます。

これをやると財産隠しとなり破産詐欺罪になる可能性が高いです。

 

離婚する場合には、夫婦の財産は平等に分けるのが原則です。

財産分与をする際に夫婦の話し合いで決める人も多いです。

自己破産を検討しているなら、慎重に財産分与を行う必要があります。

財産分与できちんと平等に分けたことを証明できるような形にしておきましょう。

 

ただ離婚前後どちらに債務整理をしたほうがいいかは、状況によっても変わります。

なので専門家である弁護士に相談したうえでどうするか決めたほうがいいですよ。

 

返済が苦しい状況にあるなら、とりあえず借金減額シミュレーションを使っていくら借金が減るのか専門家に聞くことをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べてみるならこちら

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法とは?

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などからあなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金がいくら減るのか
・毎月の返済額がいくらに減るのか、
・どんな方法で借金を整理するべきなのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くならもっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのもありです。

入力作業は3分もかからないので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ