生活保護受給中でも借金を債務整理できる?費用はどうすればいいの?

生活保護を受給中でも借金を債務整理したいと考える人は多いです。

ただ生活保護の給付金を借金返済に使うのはありなのでしょうか?

そこでこの記事では生活保護受給中の債務整理について詳しく説明していきます。

1.生活保護制度とは?

生活保護を何となくお金がもらえる制度と理解している人も少なくありません。

そもそも生活保護とはどういった制度なのでしょうか?

生活保護制度はお金がない人に対して最低限度の生活ができるように国がお金を給付する制度です。

主な目的としては生活を立て直すことが目的です。

例えばケガをして働けなくなったために生活保護を受給するなどが一つのケースですね。

「ケガが治るまでの間、お金がなくて生活ができない」なんてことがないようにするのが生活保護の役割というわけです。

2.生活保護受給中は任意整理や個人再生をしてはいけない!

生活保護受給中に少しでも借金を減らしておきたいと考える人は少なくありません。

そこで任意整理や個人再生などの債務整理をして借金を減らして返済していこうというわけです。

任意整理や個人再生の場合、減らした借金を返済する必要が出てきます。

しかしここで問題になってくるのが「生活保護の給付金を借金返済に使っていいのか?」という問題です。

生活保護について定めた生活保護法では、給付金の用途については細かく決まっているわけではありません。

基本的に本人の自由に使っていいことになっています。

 

このように法律上の罰則はないのですが、実際には借金返済に使うことは認められていません。

厚生労働省の「生活保護制度」に関するQ&Aにも「借金返済は原則認められない」と記載されています。

たまに法律上の問題はないから生活保護受給中でも借金返済していいと書いているサイトもありますが、やめたほうがいいです。

3.バレたら生活保護の給付金の受給停止の可能性が高い!

任意整理の場合、債権者と弁護士が交渉をして和解をします。

これは他の人にばれる要素がないので、福祉事務所に内緒で任意整理を行うことは可能です。

しかし、任意整理をして借金返済をしていることがばれると、生活保護が打ち切られる可能性が高いです。

そんなリスクを負ってまで借金を返済するのはやめたほうがいいと思います。

また弁護士も生活保護受給者の任意整理は断ることが多いので、実際に任意整理をすること自体が難しいですね。

4.自己破産なら生活保護受給中でも問題なし!

任意整理や個人再生は、和解後返済しなければいけないというのが問題でした。

しかし、自己破産なら免責が認められることで、借金を返済する必要がなくなります。

なので、生活保護受給中でも問題なく行うことができます。

生活保護受給者であれば法テラスを使うことで費用を立て替えてもらうことができます。

 

自己破産にはデメリットがあってネガティブな印象を持っている人も多いです。

ただ生活保護を受給する段階で資産はほとんどないと思うので、それほどデメリットは多くないと思います。

それよりも生活保護受給中に借金をなくしておけば、その後の生活の立て直しがスムーズになりやすいです。

なので、生活保護受給に借金をなくしたいなら弁護士に自己破産をすることを相談してみましょう。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法とは?

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などからあなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金がいくら減るのか
・毎月の返済額がいくらに減るのか、
・どんな方法で借金を整理するべきなのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くならもっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのもありです。

入力作業は3分もかからないので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ