借金返済を滞納・延滞中でも債務整理できる?訴訟中でも間に合う?

借金返済中に順調に返済できていればいいですが、返済が苦しくなってくると滞納・延滞することがあります。

債務整理をすれば返済が楽になりますが、滞納や延滞中であっても債務整理ができるのか気になりますよね。

滞納や延滞をし続けていると訴訟され裁判が起こることもあります。

そういった状況に対応できるようにこの記事で詳しく解説していきます。

1.借金を延滞や滞納中でも債務整理は可能か?

結論を言いますと、借金を延滞や滞納中でも債務整理をすることができます。

延滞や滞納をすると一括請求されることもありますが、そのあとでも任意整理で分割支払いすることができます。

過払い金があれば過払い金請求もできます。

 

借金を延滞・滞納していると消費者金融からの取り立てがあると思います。

取り立ての電話がかかってきたり、督促状が届いたりすると精神的にきついですよね。

返済ができない苦しさがあると思います。

債務整理を弁護士に依頼して受任通知が消費者金融に届くとその取り立てがストップします。

精神的にも楽になれるので、借金を延滞・滞納したからと言って諦めるのではなく冷静に債務整理を弁護士に依頼しましょう。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

2.債権者に訴訟されるとどうなるのか?

延滞や滞納をし続けると、最終的には訴訟され裁判を起こされてしまいます。

借金をしていることが事実なのであれば、裁判で勝てる見込みはありません。

確実に負けるといってもいいでしょう。

裁判で交渉をしてもいいかもしれませんが、専門的な知識がないとうまく相手に言いくるめられ苦しい返済が続くことになります。

結局支払えなくなると、財産の差し押さえや給料の差し押さえられる可能性があります。

3.債権者に訴訟中でも債務整理は間に合うのか?

結論を言いますと、訴訟中でも債務整理を行うことはできます。

任意整理であっても弁護士が消費者金融などの債権者に和解案を提示すれば、裁判をせずに和解を受け入れることが多いです。

裁判をするには向こうもお金がかかりますから、裁判で話し合うよりも弁護士と和解案に同意したほうが安上がりなんです。

 

訴訟をされてから裁判を放置していると、財産や給料の差し押さえられてしまいます。

強制的にお金が持っていかれるので、生活が苦しくなることは間違いありません。

そうならないためにも返済が厳しくなった時点で早めに弁護士に相談をしましょう。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法を大公開!

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などから、あなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金をいくら減らせるのか
・毎月の返済額をいくらに減らせるのか
・どんな方法で借金を整理するのが最適なのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くなら、もっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのも、当然ありです。

入力作業は3分もかからず匿名・無料で使えるので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみることをおすすめします。

もしかしたらあなたの借金も大幅に減らせるかもしれませんよ?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

債務整理 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
借金地獄 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
闇金 返済 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ