債務整理後に引越しや転居できる?賃貸物件の審査への影響は?

債務整理 引越し 転居

  • 債務整理をした後に引越しや転居をすることはできるのか?
  • 債務整理後に賃貸物件の審査にはどのような影響があるのか?
  • 債務整理後に借りることができなくなる物件があるって本当?
  • 任意整理や個人再生の返済中でも引越しや転居をしても大丈夫なのか?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)の引越しへの影響について詳しく説明していきます。

1.債務整理後に引越しや転居は問題ある?

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)を行うとブラックリストに載ります。

ブラックリストというとネガティブなイメージを持っていることが多く、いろいろな不都合が起こると思いがちです。

引越しや転居などとブラックリストはどのような関係性があるのでしょうか?

 

結論を言いますと、債務整理後なら問題なく引越しや転居をすることができます。

債務整理をしたからと言って、今住んでいる場所を追い出されることはないですし、新しいところに引っ越すことも問題ありません。

仮にブラックリストに載っていても引っ越しの際の入居審査には、関係がないので安心してください。

・任意整理や個人再生の返済中でも引越しや転居は問題なし!

任意整理で返済中であったとしても、引っ越すことは自由になっています。

特に債権者に知らせる必要はありませんし、弁護士への連絡も基本的には不要です。

個人再生で返済中でも引っ越すことは自由ですが、一応裁判所に引越ししたことを伝える必要があります。

その場合には、新しい住所の住民票を取って弁護士にお願いすればOKです。

・自己破産手続き中の引越しや転居には制限がかかる

ただ唯一、引っ越しに気を付けなければいけないタイミングがあります。

それは自己破産で破産管財人がついた場合の手続き中です。

自己破産をするときに破産管財人がついてしまうと、自由に引っ越すことはNGとなっています。

破産者が逃亡したり、財産を隠す恐れがあるため自由な引越しは認めていないんです。

 

ただ自己破産をして家が取り上げられる場合などは、手続き中に引っ越す必要があるかと思います。

そんな場合は、破産管財人を通して裁判所に転居の許可をもらえばOKです。

転居の許可は申請さえすれば、基本的には引越しの許可をもらうことができるので安心してください。

 

ちなみに破産管財人がつかない自己破産の場合は、自由に引越ししてOKです。

また自己破産で免責が認められた後も、引っ越しを自由に行うことができます。

 

基本的に債務整理をしても引越しに影響が出るわけではないので、安心してください。

債務整理をして住むところがなくなって困るということはないので、借金の返済に困っているなら、一度弁護士に相談してみることをお勧めします。

 

とはいえ、いきなり弁護士に相談するのはハードルが高いと思います。

そこで匿名無料で使える借金減額シミュレーターを使うことをお勧めします。

匿名無料でいくら借金が減るかなどを弁護士に相談することができます。

利用したからと言って必ず依頼しなければいけないわけではないので、試しに使ってみることをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか弁護士に相談するならこちら

2.債務整理後にブラックリストに載ると引越しや転居しにくくなる?

基本的に債務整理後であっても、引っ越しや転居は自由です。

しかしブラックリストに載ることで引越しや転居するときの賃貸の審査に影響が出る場合があります。

どんな場合に引越しや転居がしにくくなるのかを説明していきます。

・保証会社を利用しなければいけない賃貸物件

賃貸物件を借りるときに、保証人って必要ですよね。

それを家族や親戚にお願いすることができればいいのですが、家族や親戚がおらず保証人を立てることができないということもあるかと思います。

また賃貸物件の中には保証会社を利用しなければ借りることができない物件があります。

 

保証会社を利用しなければいけない場合、保証会社の審査が通らない可能性があります。

というのも、一部の保証会社は信用情報をチェックしており、ブラックリストに載っているかどうかが審査の基準になるのです。

そのため債務整理をしてブラックリストに載っていると、保証会社の審査が通りにくくなるのです。

特に審査が通らないのは、オリコ・ジャックス・エポスなどの信販系の家賃保証会社となっています。

独立系の家賃保証会社であれば、審査時にブラックリストに載っているかどうかをチェックしないので、審査が通る可能性が高いです。

もし家賃保証会社を利用しなければいけない場合は、独立系の家賃保証会社を利用するようにしましょう。

・クレジットカード決済で家賃を支払わなければいけない物件

ブラックリストに載ってしまうと、クレジットカードを使うことができなくなります。

新しいクレジットカードを作ることができませんし、今まで使っていたカードも使えなくなります。

そのためクレジットカードで家賃を支払わなければいけない物件は借りることができなくなります。

まとめ

債務整理をすることで一部の物件を借りられなくなります。

しかし、それ以外の物件も数多くあるので、債務整理後に引越しや転居ができなくなるということはありません。

保証会社やクレジットカードを使わなくてもいい物件はたくさんあるので、そういった物件に引っ越すようにしましょう。

債務整理をしても住む場所に困ることはないので、もし借金の返済に困っているのであれば、一度弁護士に相談することをお勧めします。

 

とはいえ、いきなり弁護士に相談するのはハードルが高いと思います。

そこで匿名無料で使える借金減額シミュレーターを使うことをお勧めします。

匿名無料でいくら借金が減るかなどを弁護士に相談することができます。

利用したからと言って必ず依頼しなければいけないわけではないので、試しに使ってみることをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか弁護士に相談するならこちら

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法とは?

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などからあなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金がいくら減るのか
・毎月の返済額がいくらに減るのか、
・どんな方法で借金を整理するべきなのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くならもっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのもありです。

入力作業は3分もかからないので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ