債務整理で積立金(預り金)は必要?いつまでやるの?返金される?

債務整理を弁護士や司法書士にお願いすると、積立金(預り金)を要求されることがあります。

これは着手金や弁護士報酬とは別に払わなければいけない費用です。

お金がないから債務整理をするわけですから、少しでも出費は抑えたいですよね。

そこで今回は積立金(預り金)について詳しく説明していきます。

・積立金(預り金)とは?どんなことに使われるの?

債務整理を弁護士に依頼してから、毎月一定のお金を弁護士の預り金専用口座などに振り込むように指示されます。

そのお金のことを積立金(預り金)と呼びます。

このお金は大きく分けて3つの目的で使われることが多いです。

1.履行テスト(借金返済の予行練習)

自己破産しない限り債務整理をした後も、借金の返済をしなければいけません。

その時の予行練習として、積立金を払うように指示することがあります。

債務整理を弁護士に依頼すると一時的に借金の返済が止まります。

今まで返済していた分のお金が浮くことになりますが、それを自由に使っていては返済するのが難しくなります。

なので、弁護士に依頼後もきちんと返済するために積立金を払うように指示することがあります。

2.弁済一時金の確保(交渉を有利に進めるため)

任意整理で消費者金融などと交渉する場合、初めにまとまったお金が返済できるとなると交渉を有利に進めることができます。

例えば、

「○○万円を最初に振り込むので支払い日数を伸ばしてほしい」

などの交渉が行えるのです。

交渉を有利に進めるための道具は多い方がいいので、念のために積立金を用意させるケースもあります。

3.着手金・報酬の確保

債務整理は借金の返済に困っている人が行うものです。

そうなると弁護士費用(着手金や報酬など)が支払われない可能性があります。

それでは弁護士は困るので、保険のために積立金を預けさせることがあります。

決して弁護士も慈善事業をやっているわけではないので、念のためにこういったことをやるのです。

・積立金はいつからいつまでやるの?

積立金が始まるのは、弁護士に正式に債務整理を依頼したときから始まります。

というのも、弁護士に依頼した時点で今まで毎月消費者金融などに返済していた借金を支払う必要がなくなります。

その返済分が丸々浮くわけですからその分のお金を積み立てるわけです。

 

積み立てたお金は債務整理後の借金返済に使われます。

積立金が終わるのは、消費者金融などの債権者との和解が済んだ段階ですね。

ただ積立金の支払いが終わったところで支払いが終わるわけではありません。

積立金の代わりに毎月決まった金額を債権者に返済していくことになります。

・債務整理で和解後に積立金は返金される?

積立金は債務整理で和解後には、残った借金の返済に使われます。

なので、あなたのもとに返金されることはありません。

とはいっても積立金の分借金は減るので、積立金をして損をするなんてことは絶対にありません。

返金されないけど損はしないので安心してください。

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法とは?

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などからあなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金がいくら減るのか
・毎月の返済額がいくらに減るのか、
・どんな方法で借金を整理するべきなのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くならもっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのもありです。

入力作業は3分もかからないので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ