債務整理中でも債権者に訴えられる?訴訟されたときの対処方法は?

債務整理の手続き中でも債権者に訴えられることはあるのでしょうか?

せっかく弁護士に債務整理の依頼をしても、債権者に訴えられて財産を差し押さえられたら意味がないですよね。

そんな不安を抱えている人のために詳しく解説していきます。

1.債務整理中に債権者に訴えられるとどうなるのか?

まず気になるのが債務整理中に債権者に訴えられた場合どうなるのか?ということだと思います。

まず結論から話しますと、特に何の問題もありません。

 

具体的に任意整理中に訴えられた場合どうなるのかを説明していきます。

任意整理で債権者との交渉する際には

  1. 将来かかる利息のカット
  2. 返済期間は3~5年
  3. 交渉が始まってから和解までにかかった利息のカット

が主な交渉内容となります。

 

仮に裁判で訴えられたとしても裁判所は

  1. 将来かかる利息のカット
  2. 返済期間は3~5年

を認めてくれる傾向があります。

3については多少意見が分かれることで、弁護士の交渉力によるところがあります。

つまり訴えられたとしても、任意整理で決まる和解案とほぼ変わらないというわけです。

 

そのため消費者金融やカードローン会社から訴えられることはほとんどありません。

訴えるメリットがあまりないどころか、訴訟の費用が余計に掛かるのでデメリットの方が大きいと言っても過言ではありません。

また自己破産の手続きをしている場合には仮に訴えられてもその裁判が起こることはありません。

どんな判決が出ようと自己破産をしたら借金がチャラになるので。

なので、債務整理中に訴えられたからと言って焦る必要はなく落ち着いて対応すれば大丈夫です。

2.弁護士に債務整理を依頼しても訴訟される可能性があるのはなぜか?

なぜ弁護士に債務整理を依頼しても訴訟される可能性があるのかと言いますと、債権者に裁判を起こす権利は認められているからです。

債務整理をすると、お金を借りている人に対して取り立てを行うことはできなくなるのですが、裁判を起こす権利までは失わないのです。

ただ上の方でも説明したように、訴えるメリットはほとんどありません。

 

しかしごく一部の業者は訴えることがあります。

その大きな理由としては「返済条件に納得できない」「和解交渉が長引くのが嫌」というのがあります。

例えば、「返済期間が3年なら認められるけど5年は無理だ」という場合があります。

返済条件に納得できないと交渉が長引いて余計なコストがかかることになります。

それを嫌ってさっさと裁判を起こして交渉をまとめたいと思う業者がいるのです。

3.債務整理中に債権者に訴えられたどうすればいいのか?

仮に債務整理中に債権者に訴えられたらどうすればいいのかと言いますと、債務整理をお願いしている弁護士に相談すれば大丈夫です。

弁護士は訴訟にも慣れているので、きちんと対応してくれるはずです。

経験豊富な弁護士に債務整理をお願いすれば、どの業者が訴えてくる可能性があるかなどは把握しています。

債権者に訴えられると裁判所からの通知が家に届くことになります。

それを避けたい場合には、事前に弁護士に相談をして訴えられる可能性を低くなるように交渉を進めるようにお願いすれば、なお安心ですね。

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法とは?

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などからあなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金がいくら減るのか
・毎月の返済額がいくらに減るのか、
・どんな方法で借金を整理するべきなのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くならもっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのもありです。

入力作業は3分もかからないので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ