奨学金がある場合に債務整理をするとどうなるの?

 

Fotolia_48265569_Subscription_Monthly_XXL_R

奨学金を借りている場合、がっつりと連帯保証人を用意する必要がありますよね。

1人だけでなく2人も付けなければいけないのが、厄介な所ですよね。

それで奨学金があるけれど、借金の返済に困っているという場合に、債務整理をすると一体どうなるのか心配ですよね。

 

この記事では、奨学金がある場合の債務整理について詳しく説明していきます。

  • 任意整理を行う場合について
  • 個人再生・自己破産を行う場合について

任意整理を行う場合について

任意整理というのは、借金を整理する相手を選ぶことができます。

そのため奨学金以外の借金だけを整理することができるということです。

奨学金を任意整理の対象外にすれば、今まで通りの返済を行えばいいので、特に問題は起こらないでしょう。

 

一応、奨学金も対象にすることができますが、任意整理を行う場合、「将来利息カット、原則3年間での支払い」となります。

そのため今よりも返済金額が増えてしまう可能性が高いでしょう。

奨学金はかなりゆっくりと返済するものですからね。

よほどの理由がない限り、任意整理の対象にしない方がいいでしょう。

 

個人再生・自己破産を行う場合について

個人再生・自己破産の場合は、任意整理と違って借金を整理する相手を選ぶことができません

その他の借金と同様に整理の対象となってしまいます。

 

個人再生では借金の大幅な減額、自己破産では借金のチャラになりますが、減らした分の借金は連帯保証人に請求されるでしょう。

連帯保証人というのは、借りた本人が返済できなくなった場合に代わりに支払う約束になっていますからね。

いきなり個人再生や自己破産を行って請求が来るのがびっくりしますから、事前に相談をしておくようにしましょう。

 

こうなると、なかなか手続きを進めにくいという気持ちはよく分かります。

親や親戚に迷惑をかけることになるわけですから、気が進まないのは当然です。

確かに個人再生や自己破産をすると連帯保証人に迷惑をかけますが、その後、あなたが自主的に連帯保証人に返済することは認められています

 

一度は迷惑をかけることになりますが、あくまで自分で返済をするという意思を見せれば、納得してもらえるのではないかと思います。

奨学金以外の借金を大幅に減らすことができるわけですから、今よりかは返済が楽になるはずです。

人生を立て直すという意味でも、ここはひとつ勇気をもって行動をすることをお勧めします。

 

まとめ

奨学金を抱えている場合に債務整理をすると連帯保証人に迷惑がかかる場合もあります。

ただ迷惑をかけなければいけない状況かは、実際にあなたの収入・借金状況によって変わってきます。

なので、一度弁護士に相談をしてどういった対処を取ることになるのかを聞くようにしましょう。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ