貯金ありで債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)は可能?

Fotolia_48791896_Subscription_Monthly_XXL_R

借金を整理するとなると、「貯金があるならそれから支払わなければいけないのか?」という不安がありますよね。

特に家族に隠れてこっそりと借金をしている場合には、不用意に貯金を崩すことができませんからね。

 

そこでこの記事では、貯金がある状態の債務整理について詳しく書いていきます。

  • 貯金・資産ありの場合の任意整理について
  • 貯金・資産ありの場合の個人再生・自己破産について

貯金・資産ありの場合の任意整理について

任意整理というのは、弁護士が業者と直接交渉をして借金を整理する方法なので、あなたの貯金や資産があっても相手には分かりません。

そのため貯金や資産があっても、手を付けずに任意整理で借金を整理することができます。

家族に内緒で借金をしている場合には、心強い方法だと思います。

 

利息をカットできるので、お小遣いの範囲内で借金を整理することもできますからね。

利息を支払わなくてよくなる分、簡単に借金を完済することができますよ

>>匿名・無料で任意整理に強い弁護士に相談するならこちらから

 

貯金・資産ありの場合の個人再生・自己破産について

個人再生や自己破産の場合は、手続きは裁判所で行われます。

となると、裁判所の理念としては公平に判決を下すということがあるので、あなたの貯金や資産の状況をしっかりと報告する必要があります。

個人再生や自己破産となると、減額幅が大きいですからね。

業者側にはダメージが大きいです。

貯金や資産があるからと言って、手続きが行えないわけではありませんが、それぞれに制限がかかってくるので注意してください。

個人再生の場合の制限について

個人再生の場合は、資産がない場合には最低弁済額といって最大で9割も借金を減額できるようになっています。

しかし、資産がある場合には、最低でも資産以上の金額を支払う必要があります。

 

例えば、最低弁済額が150万円だったとしましょう。

この時に200万円の資産(貯金を含む)があった場合には、200万円を返済しなければいけないことになっています。

資産を持っている分、返済額が大きくなるので気を付けてください。

自己破産の場合の制限について

自己破産の場合は、個人再生と比べるとシンブルです。

全ての貯金や資産を手放すことになっています。

厳密にいうと、いくらかの現金やほぼ価値のないものは手元に残るのですが、まとまったものは没収されてしまいます。

借金をチャラにすることができるわけですから、その代償として資産をすべて手放すということくらいはしなければいけないということですね。

資産を隠したりすると、免責が認められずに借金がチャラにならないこともあるので、自己破産を悪用しないようにしましょう。

 

まとめ

貯金や資産があるからと言って、債務整理ができないということはありません。

ただし、貯金や資産を使って借金の返済をするのが基本です。

家族に内緒にしている場合やどうしても手放したくない資産があるのであれば、仕方ありませんけどね。

そういった場合は、一度弁護士に相談をすると問題が早く解決しますよ。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談する場合はこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ