債務整理をする場合に売掛金は財産扱いになるの?

Fotolia_54328488_Subscription_Monthly_XXL_R

個人事業主や自営業の場合や法人の場合の債務整理というのは、サラリーマンや主婦などの借金と比べて、色々と違うところがあります。

そもそも借金額が違いますよね。

また、収入システムも違ってくるので、財産に関することには注意が必要です。

 

債務整理をするときに、任意整理であればあまり関係はありませんが、民事再生や自己破産をする場合には財産というのが大きく関係してきますからね。

その中でも特に気を付けた方がいいのが、売掛金です。

売掛金は財産扱いになるので、しっかりと把握をした上で債務整理を行いましょう。

自己破産であれば、資産は持っていかれるので、あまり考える必要はないかもしれません。

 

しかし、民事再生の場合には借金の返済額が大きく関わってくるので、特に注意が必要です。

例えば、1000万円の借金がある場合に、250万円の売掛金があったとします。

この時に民事再生を行うと、通常であれば1000万円を減額し、200万円の支払いになります。

しかし、売掛金が250万円あるために、250万円の返済に変わります。

 

売掛金が入ることを想定して、返済の計画を立てると思いますが、このようなことがあるので注意してください。

実際には債務整理を考えるほどの資金状況なので、あまり売り上げがないかもしれませんけどね。

 

売上アップを図るには手続きを終えてから

一度債務整理をすると決めたら、売上アップをがんばるよりも、手続きを早めに済ませてしまうことをお勧めします。

というのも、手続き後に入るお金に関しては、債務整理と関係がなくなるので、借金の返済額が増えることにはなりません。

 

変なタイミングで売り上げが増えてしまうとその分、借金の返済額が増えることになりますからね。(個人再生の場合)

自己破産の場合は倒産となるので、あまり意味はないですけど、個人再生の場合はこういったことも考えた上で行動をした方がいいですね。

せっかく頑張って売り上げをあげたことが裏目に出るのはもったいない話ですからね。

 

まとめ

売掛金は財産扱いになるので、そのことを念頭に置いたうえで債務整理を行うようにしましょう。

弁護士に依頼をする場合には、そのあたりも詳しく教えてくれると思うので、一度相談をしてみることをお勧めします。

借金の返済で悩んでいても、いつまで経っても問題は解決しないので、早めに相談をしましょう。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ