JCB、セゾンなどの債務整理体験談【220万円・栃木県】

  • 【名前】松木 昇
  • 【性別】男
  • 【年齢】42歳
  • 【職業】会社員
  • 【住んでいる場所】栃木県鹿沼市
  • 【借金額】クレジットカード:220万円、住宅ローン:2800万円
  • 【どこからお金を借りたか】武富士、JCB、セゾンなど、地元銀行
  • 【借金の理由】会社をリストラになり給与の補填
  • 【何を滞納したのか】消費者金融、クレジットカード、住宅ローン、固定資産税など

会社のリストラですべてが狂ってしまいました。

8年ほど前に地元の工場で働いていましたが、当時の不景気により、働いていた会社が三重県の方に集約になるということで、地元採用の社員はリストラになりました。

わずかばかりの退職金と礼金を受け取り、会社とはお別れでした。

当然、会社には抗議し、再就職のあっせんをお願いしましたが、聞き入れてもらえず、そのまま無職の状態に。

 

その頃、妻と子供2人で、子供は中学生と小学生。

お金もかかる年頃になっていました。

わずかばかりの退職で、どうにもならず、職を探しましたが、その当時の年齢で以前と同じ給料がもらえる就職先はなく、無職の状態が続きました。

短期のアルバイトをしていましたが、どうしても長続きがせず、収入も激減し、家計も逼迫するようになりました。

妻もパートには出ていましたが、スズメの涙程度の収入。

二人合わせても20万円がせいぜいでした。

 

その当時、住宅ローンの返済は月に10万円程度。

当然、払えるはずがありません。

そこで、支払いをするために持っていたクレジットカードのキャッシングを利用し始めました。

それでとりあえず返済をしましたが、毎月となるとなかなか厳しく、だんだんとクレジットカードの借り入れ先も増えていきました。

 

そんな生活も長くは続かず、だんだんと返済が厳しくなっていきました。

最初にカードの返済が遅れました。

その月の返済額は15万円。

手元には7万円しかありませんでした。

引き落とし当日、カード会社から督促の連絡が。始めての経験でした。

そのときのショックは今でも忘れません。

 

それから、毎月のガス代、電気代なども遅れ気味になり、とりあえず、お金が手に入った段階で優先するものから返済をしていきました。

自分でも何をしているのかわからないくらいいろいろな支払いが遅れ、だんだんと借り入れ額や収入の目処もつかなくなっていきました。

すると、クレジットカードにも遅れが出始め、とうとう借り入れができない状態に。

それが厳しかったのでしょうね。

 

それからネットでとにかくいろいろな消費者金融の会社に申し込みをしました。

ようやく1社借りれ先を見つけることができ、枠いっぱいの100万を借りることに。

それを各種返済に当て、当然次の月の返済もまた迫ってきます。

そんな不安をいただきながら時間がすぎ、次の月の返済日。

 

とうとうダメだと思い、弁護士に相談しようと思いました。

その時は、ガス代、水道代、電気代、カードの返済、住宅ローン、すべてが返済できない状態になっていました。

一番ショックだったのは、子供の学校の給食費を3ヶ月分滞納したことです。

毎回、妻に学校に詫びの連絡を入れてもらっていました。本当に辛い経験でした。

 

もう、そんな思いをしないようにと、電話帳で県の弁護士協会の連絡先見つけ、そこに連絡をしてみました。

すると、毎月無料の相談会をしているので、参加してみてはとのこと。

早速、指定をされた日時に伺いました。

会場は市のセンターでしたが、会場に着くと5、6人がすでに相談をしていました。

 

名前を告げると、若い弁護士が担当らしく、席に促されました。

今までの経緯や借り入れ金額を聞かれ、包み隠さず話しをしていきました。

15分程度話しをしたでしょうか。

ある程度、債務の状況がわかったところで、弁護士の先生から「どのようにしますか?」と聞かれました。

自分の中では自己破産か債務整理をするかしかないと思っていたので、正直、どちらかにしたと打ち明けました。

すると、債務整理を勧められました。

自己破産かと思っていましたが、カードの金利が高いため、過払い金が発生している可能性があるとのことでした。

ただし、住宅ローンも銀行とリススケジュールをしなければならず、長くかかるとのこと。

 

その先生に藁をも掴む気持ちでお願いすることにしました。

ただし、それにはきちんと就職先を見つけ、きちんとした給料を得ることが条件でした。

すぐにその条件にあった職業を見つけました。

それは、ビルの清掃でしたが、深夜の作業が多い職業でしたが、給料は25万円とのことであり、決めました。

それから、弁護士の先生との債務整理を勧め、なんとかカードの返済、住宅ローンの返済を続けられるようになりました。

いまだに厳しい状況ですが、なんとか負けないように頑張っています。

 

管理人からのコメント

住宅ローンがある状態で無職の状態になるのは大変ですね。

しかも今のご時勢では、なかなか再就職するのも大変ですからね。

この方は市が行っている無料相談会をわざわざ探して行ったみたいですが、今はほとんどの弁護士が無料相談を受け付けています

なので、わざわざ無料相談会に行かなくても、債務整理に強い弁護士に相談をするほうがよい結果になることが多いですよ。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ