弁護士や司法書士などの専門家に債務整理をお願いするメリット

Fotolia_56773672_Subscription_Monthly_XXL_R弁護士や司法書士に債務整理を依頼することでいくつかのメリットがあります。

そのメリットを把握したうえで、依頼をするようにしましょう。

  • あなたに最適な借金返済プランを立ててもらえる
  • 借金の取り立てがなくなる
  • あまり苦労せず借金を減らすことができる

あなたに最適な借金返済プランを立ててもらえる

あなたが借金に苦しんだ状態であるならば、その状態に合わせて債務整理の方法が変わってきます。

債務整理と聞くと自己破産を思い浮かべる人が多いですが、それは最終手段です。

逆に素人判断で自己破産をしてしまうと、むしろ損をすることもあるので安易に債務整理の方法を決めない方がいいです。

あなたに最適な借金返済計画を立てたければ、弁護士などの専門家に依頼をするのが一番でしょう。

借金の取り立てがなくなる

弁護士などの専門家に依頼をすると、まず委任契約を結びます。

委任契約をすることで、借金に関わることはすべて専門家に任せることになるのです。

もう少し具体的に説明しますと、

  • すべての交渉は専門家が行う
  • 取り立てを借り手本人に行うことができなくなる
  • 債務整理に必要な手続きを一通りやってもらえる

などがあります。

 

この中でも特に大きい効果はやはり借金の取り立てがなくなることですね。

債務整理をしようとしている人の多くは、借金の返済に困っているわけですから取り立てらている可能性が非常に高いでしょう。

取り立てが続くと電話が鳴るだけで、恐怖を覚えてしまうものです。

そういったものが一切なくなることで安心して穏やかな生活を送ることができます。

あまり苦労せず借金を減らすことができる

債務整理の中には自分で行ることができるものも含まれています。

しかし、自分でできるからといって決してそれらは簡単なものではありません。

各種手続きを行ったり、業者との交渉を行ったりするのは、相当苦労するものです。

また、過払い金返還請求では、裁判をしなければいけないこともあります。

 

正直に言って、あなたは裁判できちんと自分の主張をし業者と戦う自信がありますか?

もしないのであれば、回収できるお金が減額されてしまうの可能性高いので弁護士に任せた方が結果的にあなたが得るお金は多くなるでしょう。

 

弁護士と司法書士の違いについて

弁護士と司法書士は両方とも債務整理について詳しいですが、それぞれ違いがあります。

弁護士の方は任せれば一通りのことを代理でやってくれますが、少し値段が高いです。

それに対して、司法書士は書類作成などのサポートが主な仕事で、弁護士に比べれば安いです。

司法書士は認定司法書士であれば、簡易裁判所で限り、代理人になることができます。

地方裁判所以上では代理人になることはできません。

 

ちなみに、過払い金の返還請求は140万円を超えると地方裁判所に申し立てをする必要がありますし、個人再生や自己破産も地方裁判所です。

となると、司法書士にお願いをすると裁判所で自分が答弁をすることになるのです。

弁護士に任せておけば、すべてのことを代理としてやってもらえるのでそちらの方が楽です。

やはり司法書士よりも法律のプロである弁護士に依頼をした方が安心感があるので、弁護士に依頼をすることをお勧めします。

>>無料&匿名で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ