買い物依存症による借金で自己破産をすることはできる?

Fotolia_56297955_Subscription_Monthly_XXL_R

現代社会は、仕事や人間関係など様々なことでストレスを抱えやすいです。

ストレスを溜めこんでしまっても、体によくないですし、日常生活にも影響が出てくるので、適度に発散をする必要があります。

ストレス解消は人それぞれですが、その中の一つに買い物をするというのがあります。

好きなものや欲しいものを手に入れるのって快感ですからね。

買い物がものすごく楽しい時間になる人も多いと思います。

 

買い物でストレスを発散することは悪いことではないのですが、何事もやり過ぎるとよくありません。

自分の収入の範囲内で買い物をするのであればいいのですが、借金をしてまで買い物をするというのは問題があります。

また、クレジットカードのリボ払いを使っていると借金をしているという感覚にならないというのも買い物をしすぎてしまう理由の一つだと思います。

 

このように自分のキャパシティ以上のお金を使ってしまうと、当然返済に困ります。

返済に困っていてもなかなかやめることができないのが、買い物依存症の特徴ですね。

買い物依存症でお金の使い過ぎに困っているのであれば、債務整理をして、借金を整理するのが一番良いでしょう。

 

債務整理の中で、最も強力な効果があるのが自己破産です。

自己破産をすれば、借金を返済する必要がなくなるので、自分では支払うことができないという場合には非常に有効な手段です。

有効な手段ですが、浪費による借金の場合だと、免責不許可事由に当てはまることになっています。

免責不許可事由に当てはまると、自己破産の申請をしても借金が0にならないようになっているのです。

 

「それじゃあ、自己破産を行うことはできないの?」

と思うかもしれませんが、これはあくまで原則としての話です。

実際には、浪費が原因の場合でも免責になり、借金が0になるケースは非常に多いです。

その時にポイントとなるのが、「しっかりと反省していること」「今後の生活を改める意志」です。

 

こういったことを自己破産を裁判所で行う時に、伝える必要があるのですが、裁判所というとなんだか緊張しますし、うまく伝えられないことも多いですね。

無理に自分でやっても失敗する可能性が高いので、ここは素直に弁護士に相談をすることをお勧めします。

また、あなたの状況によっては破産をしないですむこともあるので、自己破産を考えている場合には一度弁護士と話をしましょう。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談をするならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ