買い物依存症の借金を債務整理や自己破産で整理できるのか?

Fotolia_56297955_Subscription_Monthly_XXL_R

  • 買い物依存症の借金を債務整理で整理することはできるのか?
  • 買い物依存症で多額の借金を抱えた場合の解決策はあるのか?
  • 買い物依存症の借金は自己破産で整理できるのか?
  • 買い物依存症の借金を返済するには任意整理や個人再生で何とかなるのか?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では、買い物依存症の借金の返済方法について詳しく説明していきます。

1.買い物依存症の人が借金を作ってしまう原因とは?

現代社会は、仕事や人間関係など様々なことでストレスを抱えやすいです。

ストレスを溜めこんでしまっても、体によくないですし、日常生活にも影響が出てくるので、適度に発散をする必要があります。

ストレス解消は人それぞれですが、その中の一つに買い物をするというのがあります。

好きなものや欲しいものを手に入れるのって快感ですからね。

買い物がものすごく楽しい時間になる人も多いと思います。

 

買い物でストレスを発散することは悪いことではないのですが、何事もやり過ぎるとよくありません。

自分の収入の範囲内で買い物をするのであればいいのですが、買い物依存症になると借金をしてまで買い物をしてしまいます。

また、クレジットカードのリボ払いを使っていると借金をしているという感覚にならないというのも買い物をしすぎてしまうというのも買い物依存症になってしまう理由の一つだと思います。

2.買い物依存症の人が抱えた多額の借金を返済する方法とは?

このように自分のキャパシティ以上のお金を使ってしまう買い物依存症になると、当然借金の返済に困ります。

借金んお返済に困っていてもなかなかやめることができないのが、買い物依存症の特徴ですね。

買い物依存症でお金の使い過ぎに困っているのであれば、債務整理を弁護士に依頼して、借金を整理するのが一番良いでしょう。

債務整理をすれば、借金を減額して、無理なく借金を完済することができます。

 

債務整理をすることのデメリットとして、ブラックリストに載ってしまうということがあります。

ブラックリストに載ってしまうと、新しく借金をしたりクレジットカードを使ったりすることができなくなります。

ただ買い物依存症の場合、強制的に借金やクレジットカードが使えない状況になったほうが、自分の収入にあった生活を送ることができるようになります。

また5~10年経過すれば、ブラックリストからは消えるので、ある意味買い物依存症の治療期間と考えることもできますね。

買い物依存症で困っているのであれば、債務整理を弁護士に依頼して借金を整理するのも一つの手段ですよ。

 

とはいえ、いきなり弁護士に相談するのはハードルが高いと思います。

そこで匿名無料で使える借金減額シミュレーターを使うことをお勧めします。

匿名無料でいくら借金が減るかなどを弁護士に相談することができます。

利用したからと言って必ず依頼しなければいけないわけではないので、試しに使ってみることをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか弁護士に相談するならこちら

3.買い物依存症の人の借金返済を楽にする債務整理について

債務整理にもいくつか種類があり、それぞれによって特徴が異なります。

買い物依存症の人が利用するときに注意をする必要があるものもあるので、それについて詳しく説明していきます。

・買い物依存症の人の債務整理方法1:任意整理

任意整理を行うときのメリットとしては

  • 引き直し計算による借金の減額
  • 将来利息のカット
  • 遅延損害金のカット

というメリットがあります。

利息をなくすことができると、すべての返済額が元本の返済に回されるということになります。

また借金の返済期間は3~5年の分割払いとなります。

利息がなくなる分、楽に借金を返済することができるというわけです。

ある程度収入があり、元本の返済なら何とかできるという場合には、任意整理がおすすめです。

・買い物依存症の人の債務整理方法2:個人再生

個人再生を行うと、借金をおよそ5分の1に減額することができます。

減らした借金を3~5年の分割払いで支払うことになります。

任意整理よりも借金減額効果が高いので、だいぶ借金の返済が楽になるでしょう。

元本すらも返済することが難しいという場合には、個人再生で借金の返済をすることをお勧めします。

・買い物依存症の人の債務整理方法3:自己破産

債務整理の中で、最も強力な効果があるのが自己破産です。

自己破産をすれば、借金を返済する必要がなくなります。

買い物依存症となり多額の借金を抱え、自分では支払うことができないという場合には非常に有効な手段です。

有効な手段ですが、買い物依存症の人は注意が必要です。

 

というのも、浪費が原因の借金の場合だと、免責不許可事由に当てはまることになっています。

免責不許可事由に当てはまると、自己破産の申請をしても借金が0にならないようになっているのです。

 

「それじゃあ、買い物依存症の人は自己破産を行うことはできないの?」

と思うかもしれませんが、これはあくまで原則としての話です。

実際には、浪費が原因の場合でも免責になり、借金が0になるケースもあります。

自己破産では裁量免責と言って、免責不許可事由があっても、裁判官の判断によって免責を認めることができる制度があるんです。

裁量免責を認めてもらうときのポイントとなるのが

  • しっかりと反省していること
  • 今後の生活を改める意志

を見せることです。

 

なので、実際には買い物依存症の人でも自己破産を行うことができます。

自己破産を裁判所で行う時に裁量免責を認めてもらう必要があるのですが、裁判所というとなんだか緊張しますし、うまく伝えられないことも多いですね。

無理に自分でやっても失敗する可能性が高いので、自己破産を含めた債務整理に強い弁護士に相談をすることをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか弁護士に相談するならこちら

まとめ

買い物依存症で多額の借金を抱えた場合には、債務整理で借金を減額することで、無理なく借金を返済することができます。

ブラックリストに載るというデメリットはありますが、買い物依存症を直したいのであれば、ブラックリストに載っている期間はちょうどいい期間になると思います。

借金が返済できないと悩んでいてもしょうがないので、一度弁護士に相談してみることをお勧めします。

 

とはいえ、いきなり弁護士に相談するのはハードルが高いと思います。

そこで匿名無料で使える借金減額シミュレーターを使うことをお勧めします。

匿名無料でいくら借金が減るかなどを弁護士に相談することができます。

利用したからと言って必ず依頼しなければいけないわけではないので、試しに使ってみることをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか弁護士に相談するならこちら

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法とは?

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などからあなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金がいくら減るのか
・毎月の返済額がいくらに減るのか、
・どんな方法で借金を整理するべきなのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くならもっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのもありです。

入力作業は3分もかからないので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ