個人間借金が返せない!そんな時は債務整理を弁護士に相談

  • 個人間の借金が返せない時どうすればいいのか?
  • 個人間の借金を返済できない時、弁護士に債務整理を依頼するとどうなる?
  • 個人間の借金を返せない時踏み倒す方法とは?
  • 個人間の借金の時効は何年なのか?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では個人間の借金を返せない場合の対処方法について詳しく説明していきます。

1.個人間の借金をしている場合は弁護士に債務整理の相談を!

少額(10万円程度)の借金であれば、弁護士に依頼するお金もかかるので、わざわざ弁護士に相談する必要はないと思います。

それくらいであれば、自分で相手との交渉をがんばればどうにかすることができるでしょう。

また自力で借金を返済することも可能なはずです。

 

しかし、100万円以上の多額の借金が返済できないとなると、自分の力だけではうまく交渉ができないことも多いです。

借金に苦しんで自殺や夜逃げを考えるくらいでしたら、弁護士に相談をするのがいいでしょう。

それで弁護士に債務整理の相談をすることで、どうなるのかと言いますと、借金を減らすことができます。

 

例えば、任意整理と言って弁護士が債権者(お金を貸した人)と交渉をして、月々の返済をあなたが返済可能な金額まで減らすことができます。

また、これからかかる利息もカットできることもあるので、返済がぐっと楽になります。(個人間の場合は弁護士の交渉力によるので、利息カットまでできない場合があります)

任意整理の他にも、個人再生をすれば、借金額を大幅に減額することもできます。

また、自力では返済不可能なレベルの借金であれば自己破産を選択することになるでしょう。

どういった借金整理方法を選ぶべきか、人によって異なりますが、いずれにしても借金問題は解決に向かうと思います。

一人で悩んでいても借金は減らないので、一度弁護士に相談することをお勧めします。

 

とはいえ、いきなり弁護士に相談するのはハードルが高いと思います。

そこで匿名無料で使える借金減額シミュレーターを使うことをお勧めします。

匿名無料でいくら借金が減るかなどを弁護士に相談することができます。

利用したからと言って必ず依頼しなければいけないわけではないので、試しに使ってみることをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか弁護士に相談するならこちら

2.個人間の借金について弁護士に債務整理の相談をするときの注意点

消費者金融等の業者からの借金であれば、弁護士に委任をした段階で、催促や取り立てが止まります。

これは貸金業法によって制限されているために、催促や取り立てが止まるようになっています。

しかし、個人間の借金の場合、会社としてお金を貸しているわけではないので、この法律が適応されません。

なので、弁護士に債務整理を依頼したとしても、完全に催促・取り立てを止めることは難しいです。

 

催促・取り立てに困っているということで、弁護士に相談をしてもあまり効果がないこともあります。

とはいっても、弁護士が間に入ってくれるので、弁護士の方から連絡をすれば、大人しく聞いてくれる人が多いです。

またあなたも対応するときに、弁護士に任せたと言えば、相手の取り立てを止めるときに納得させやすいです。

なので弁護士に相談して無駄になるということはありませんよ。

3.個人間の借金以外に消費者金融などからお金を借りている場合

消費者金融やカードローン会社からも借金をしている場合、個人間の借金も含めて債務整理で借金を減額することもできます。

しかし、個人間の借金の場合、借金を減額すると相手との関係性が悪くなるという場合もあります。

そういった場合には、個人間の借金以外を債務整理で整理することもできます。

その場合は、任意整理をすることになります。

貸金業者が相手であれば、弁護士に債務整理の依頼をすることで、ほぼ確実に利息カットをすることができます。

借金の返済がだいぶ楽になると思うので、一度弁護士に相談してみることをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか弁護士に相談するならこちら

4.個人間の借金があるときに消費者金融の借金を整理するときの注意点

弁護士に任意整理を依頼したのであれば、借金を整理する相手を選ぶことができます。

仮に貸金業者の借金を整理したとしても、個人間の借金を返済し続けることができます。

そのためお金を借りた友人、親戚などの関係性を壊すことなく、借金を完済することもできるでしょう。

 

しかし、個人再生や自己破産を弁護士に依頼すると、すべての借金を整理することになるので、個人間の借金も一緒に整理することになります。

すると関係性が悪化することがあるので、個人再生・自己破産を選ぶときには気を付けてください。

 

ちなみに、個人再生・自己破産を選ぶことで借金の減額をすることができますが、自主的にお金を返済していくことは可能です。

例えば、親戚に200万円の借金をしていて、消費者金融から300万円の借金をしていたとしましょう。

合計500万円の借金を返済することができないということで、自己破産を選んだとしましょう。

すると、すべての借金に対して返済義務がなくなります。

しかし、借金を返さないとなると確実に親戚との関係性が悪くなりますよね。

自己破産の時、正確には借金が0になるのではなく、借金を返済する義務がなくなるのです。

借金返済義務がなくなるだけなので、自己破産後に自主的に返済することは別に問題ありません。

 

この場合は、事前に親戚に返済する意思はあることを見せておくことで、関係性の悪化を防ぐことができますよ。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか弁護士に相談するならこちら

5.個人間の借金を踏み倒すことは難しい!

個人間の借金で少額だと、踏み倒しを考える人も多いですが「お金は借りたら返すもの」です。

しっかりと返済するのが望ましいのですが、人生にはいろいろなことがあるのでやむを得ず返済できないこともあるでしょう。

そういう時は、国によって決められている制度(債務整理)を活用して、少しでも返せるのならば返すものなのです。

逃げ回っていいものではありません。

 

もし個人間の借金を踏み倒すのであれば、時効を迎えるために最後に返済してから10年間逃げ回る必要があります。

仮に10年経ち借金を踏み倒すことができたとしても、借金を踏み倒したという罪の意識からは逃れることができないでしょう。

また、借金を踏み倒すとなったら、「あいつはお金を借りても返さないやつだ」という噂は広まるでしょうから、交友関係を全く別なところで作る必要もあるでしょう。

今までの友人を多く失うことになるかもしれません。

借金の返済に当たっては、できる限りの返済努力をして返せる範囲で返していきましょう。

できる限りのことをしても返済できない場合に、弁護士に頼ることをおすすめします。

 

とはいえ、いきなり弁護士に相談するのはハードルが高いと思います。

そこで匿名無料で使える借金減額シミュレーターを使うことをお勧めします。

匿名無料でいくら借金が減るかなどを弁護士に相談することができます。

利用したからと言って必ず依頼しなければいけないわけではないので、試しに使ってみることをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか弁護士に相談するならこちら

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法を大公開!

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などから、あなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金をいくら減らせるのか
・毎月の返済額をいくらに減らせるのか
・どんな方法で借金を整理するのが最適なのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くなら、もっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのも、当然ありです。

入力作業は3分もかからず匿名・無料で使えるので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみることをおすすめします。

もしかしたらあなたの借金も大幅に減らせるかもしれませんよ?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

債務整理 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
借金地獄 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
闇金 返済 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ