クレジットカードの支払いを延滞・滞納するとどんな影響がある?

Fotolia_53100844_Subscription_Monthly_XXL_R

支払いを滞納することはよくないことですが、クレジットカードを使っていて、「いつの間にか支払日が過ぎていて、お金を入れておくのを忘れた」というのは多くの人がやったことがあることだと思います。

1回くらいの滞納であれば、きちんと支払うことで特に問題は起こりません。

しかし、何回も支払いを延滞をしていると様々なところに影響が出てしまいます。

この記事ではどんな影響が出るのかやよくある噂についての情報もまとめました。

【目次】

  1. クレジットカードの支払いを延滞・滞納すると利息はどうなるの?
  2. クレジットカードの支払いを延滞・滞納すると就職に不利になる!?
  3. クレジットカードの利用の停止はいつから?
  4. クレジットカードの支払いを延滞・滞納していると勝手に解約されることはあるの?
  5. クレジットカードの支払いを何回延滞・滞納するとローンの審査が通りにくくなる?
  6. クレジットカードの延滞・滞納で銀行口座凍結?差し押さえられることはある?

1.クレジットカードの支払いを延滞・滞納すると利息はどうなるの?

クレジットカードの支払いを延滞した場合は通常の利息だけでなく「遅延損害金」も加算されます。

遅延損害金として、どれくらいのお金がかかるかはカード会社の規約に記載されています。

ショッピングの場合、遅延損害金の年利は上限が14.6%です。

多くのクレジットカード会社の場合、できる限り多く回収したいので上限の年14.6%となっています。
※正確な数字はカード会社の規約を見てください。

遅延損害金の計算方法

遅延損害金=支払金額×遅延損害金の年利×延滞日数÷1年(365日)

ここで具体的な数字を入れて計算してみましょう。

支払金額:10万円
遅延損害金の年利:14.6%
延滞日数:20日(多くの場合、本来の振込み日から20日後に再振込み日が設定されています)

10万円×14.6%×20日÷365日=800円

この場合は、遅延損害金は800円となります。

 

カード会社によって遅延損害金の年利が違ったり、延滞日数の数え方が違ったりするので、正確な遅延損害金を知りたい場合には、カード会社に連絡をして教えてもらいましょう。

早めに連絡をすることで、連絡があった日までを延滞日数にしてくれるクレジットカード会社もあるみたいなので、支払いを忘れてしまった場合は、こちらからカード会社に連絡しましょう。

2.クレジットカードの支払いを延滞・滞納すると就職に不利になる!?

連続してクレジットカードの支払いを滞納をすると信用情報に事故情報が載ります。

その情報を企業が見ることで、就職活動をするときに不利になるのでは?という噂が広まっています。

普通の企業は信用情報なんて言うのはいちいちチェックしないので、滞納をしたからといって就職が不利になることは基本的にはありえません。

 

ただし、銀行、金融系の会社の場合、信用情報を見ている可能性があります。

お金を扱っているので、お金に対してルーズな人を採用するのは会社にとってマイナス面が大きいというのが理由のようです。

3か月連続でクレジットカードの支払いを滞納をすると信用情報に事故情報が載ってしまうので、そうならないように気を付けましょう。

3.クレジットカードの利用の停止はいつから?

クレジットカードの支払いの滞納が発覚した時点で、クレジットカードが使えなくなります。

例えば、27日が引き落とし日で、27日に引き落としができなかった場合、28日からクレジットカードが使えなくなるということです。

お金を支払えない人に対して、いつまでも利用できるようにしておいたら、カード会社の損害が大きくなるから当然の処置です。

 

ちなみに、滞納分を支払ってから数日後に再びクレジットカードが使えるようになります。

少しでも早くクレジットカードを使えるようにしたい場合は、クレジットカード会社に連絡をして、支払い方法を聞いてください。

4.クレジットカードの支払いを延滞・滞納していると勝手に解約されることはあるの?

クレジットカードの支払いを滞納をし続けると、強制的にカードの解約が行われることがあります。

多くのところは3か月連続で支払わないと強制解約となります。

ただ「1か月で強制解約」のところもあれば、「6か月で強制解約」のところもあるので、カード会社によって対応の仕方は様々なようです。

クレジットカードを解約されたくない場合は、なるべく早く滞納金を支払いましょう。

5.クレジットカードの支払いを何回延滞・滞納するとローンの審査が通りにくくなる?

クレジットカードの支払いを滞るだけでも、ブラックリストに載ります。

おおよそ3か月連続、正確には支払日から61日以上たつとブラックリストに載ることになります。

つまり、3回滞納するとローンの審査を通すのは難しいです。

 

延滞の情報は「延滞したお金を支払ってから5年間」掲載されることになっているので、5年はローンの審査に通らないと思った方がいいでしょう。

ただ5年経てばブラックリストから情報が消され、新しくクレジットカードを作ったりローンを組んだりすることができるので、安心してください。

6.クレジットカードの延滞・滞納で銀行口座凍結?差し押さえられることはある?

クレジットカードを利用するときに、貯金をしている口座とクレジットカードの引き落とし口座を分けていることってありますよね。

この場合に、貯金をしている銀行口座をいきなり凍結されたり、差し押さえられたりすることがあるのでしょうか?

銀行系クレジットカードの場合は、滞納を続けているといきなり銀行口座が凍結される可能性があります。

銀行口座に入っているお金が強制的にクレジットカード料金の未払いの支払いに使われることになります。

 

銀行系クレジットカード以外であれば、いきなり銀行口座が凍結されることはありません。

銀行系クレジットカード以外で銀行口座が凍結・差し押さえられるとしたら、クレジットカード会社が裁判を起こした後になります。

裁判を起こされたときに、あなたが裁判を無視すると、裁判ではクレジットカード会社の言い分がすべて認められてしまいます。

その結果として、強制執行による差し押さえが実行されるので、その時になってようやく口座が差し押さえられるということになります。

ちなみに、銀行口座にお金がない場合は、給料を差し押さえられることもあるので、裁判を起こされるというのは最悪です。

できれば、その前の段階に支払っておくのがいいでしょう。

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法とは?

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などからあなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金がいくら減るのか
・毎月の返済額がいくらに減るのか、
・どんな方法で借金を整理するべきなのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くならもっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのもありです。

入力作業は3分もかからないので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ