クレジットカードを延滞・滞納した場合の請求の流れとは?

Fotolia_39541409_Subscription_Monthly_XXL_R

  • クレジットカードの延滞・滞納するとどんな請求が来るのか?
  • クレジットカードの延滞・滞納でハガキだけでなく訪問の取り立てもあるのか?
  • クレジットカードの延滞・滞納で裁判所から通知が届くことはあるのか?
  • クレジットカードの延滞・滞納で会社に連絡されることはあるのか?
  • クレジットカードの延滞・滞納を続けていると差し押さえられるって本当?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事ではクレジットカードの延滞・滞納の請求について詳しく説明していきます。

1.クレジットカードの延滞・滞納するとどうなるのか?

クレジットカードの支払いを忘れてしまったという場合には、なるべく早めにカード会社に連絡をして対処を聞くのが一番です。

早めに支払いをすれば、ブラックリストに載るということもなく、社内情報として延滞情報が残るだけです。

長期間支払いが滞ると、ブラックリストに載ったり、差し押さえがあったりと問題が起きてきます。

ここからは、こちらからカード会社に連絡をせずにいると、どんな請求が来るのかというのを時系列でまとめました。

2.クレジットカードの滞納金の請求の基本的な流れについて

  1. はがきによる再引き落とし日の連絡(案内状)
  2. 督促状・電話
  3. 一括請求
  4. 裁判後、差し押さえ

・はがきによる再引き落とし日の連絡(案内状)

最初に届くのは、はがきによる再引き落とし日の連絡です。

これはうっかり支払いを忘れている人も多いので、自動的に再引き落とし日が設定されている場合が多いです。

こちらから連絡をしても、しなくても、この案内状は届くようになっていて、記載されている日にちまでに口座に入金をしておけばOKです。

ちなみに、滞納金の支払いが確認できるまでクレジットカードは使えなくなっています。

早めに使えるようにしたい場合は、カード会社に相談をしましょう。

・電話がかかってくる

再引き落とし日を過ぎても、支払いが行われなかった場合、再度ハガキが送られてきたり電話がかかってきたりします。

また場合によっては、ハガキではなくいきなり電話をかけてくるクレジットカード会社もあります。

 

もし電話がかかってきたら、クレジットカード会社と相談をして支払日をしっかりと決めるようにしましょう。

例えば、「給料日が25日なので25日に支払います」といったような具体的な日にちを決めるようにしましょう。

督促状や電話を無視をして、滞納してから61日以上たつと強制解約やブラックリストに載るので、注意してください。

・会社に電話がかかってくることはあるのか?

基本的に電話は本人の携帯電話にかかってきます。

しかし、携帯電話に連絡をしても、連絡がつかない場合には、自宅や会社に電話をかけてくることがあります。

クレジットカード会社からの電話を無視していても、何らかの手段であなたと連絡を取ろうとしてくるので、無視するのはやめましょう。

・一括請求の督促状

ハガキや電話による催促をしても、滞納金が支払われない場合は、クレジットカード会社は一括請求の督促状を送ってきます。

リボ払いや分割払いなどで支払っていた料金は一括請求でまとめて支払うことになります。

このタイミングになると、クレジットカードが強制解約されたり、ブラックリストに載っていることが多いです。

一括請求の督促状が届いたら、だいぶ状況が悪化していると思ったほうがいいです。

・裁判後、差し押さえ

さらに督促状や電話を無視し続けると、最終的にはクレジットカード会社は裁判を起こします。

裁判を起こすにも手間とお金がかかるので、少額の場合は裁判にならないこともありますが、多額の場合は裁判になることがあります。

それで裁判となるとカード会社は基本的に一括請求を望んできます。

 

「一括で返済をすることは無理だから、無視しよう。」なんて考えるのは、絶対にやめてください。

カード会社としても、脅しとして一括請求をしているだけで、本当に一括で戻ってくるとは思っていません。

なので、裁判に応じたり、カード会社との話し合いに応じたりする姿勢を見せれば、分割払いでの支払いに変更できることが多いです。

その話し合いでは、無理な金額では決して合意してはいけません。

自分が支払っていける金額で、合意するようにしてください。

途中で支払えなくなった場合、いきなり強制執行が行われ、財産・給料の差し押さえられることがあります。

 

ちなみに、クレジットカード会社の一括請求と違って、裁判所からの一括請求には法的な拘束力があります。

裁判を無視し続けても、財産や給料が差し押さえられるので、なるべく話し合いに応じることをお勧めします。

まとめ

このようにカード会社からの連絡を無視し続けるとどんどん大きな問題に発展していきます。

なるべく早めに解決させることで小さな問題のうちに終わらせることができます。

他にも多額の借金を抱えていて返済できないという場合には、弁護士に相談して借金を整理するのも一つの手段です。

 

弁護士に債務整理を依頼することで、借金を減らすことができ、今よりも返済が楽になります。

また弁護士に依頼をすると、取り立ても止まるので、問題が発展しにくくなります。

もしクレジットカードの支払いや借金の返済に困っているのであれば、一度弁護士に相談することをお勧めします。

 

とはいえ、いきなり弁護士に相談するのはハードルが高いと思います。

そこで匿名無料で使える借金減額シミュレーターを使うことをお勧めします。

匿名無料でいくら借金が減るかなどを弁護士に相談することができます。

利用したからと言って必ず依頼しなければいけないわけではないので、試しに使ってみることをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか弁護士に相談するならこちら

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法とは?

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などからあなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金がいくら減るのか
・毎月の返済額がいくらに減るのか、
・どんな方法で借金を整理するべきなのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くならもっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのもありです。

入力作業は3分もかからないので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ