キャッシング返済できない時に借金を減額する方法とは?

消費者金融やクレジットカードのキャッシングの返済ができないとき

  • キャッシングが返済できない時どうすればいいのか?
  • クレジットカードのキャッシングの借金を減額することができるって本当?
  • キャッシングを返済できないとどうなるのか?

など気になることがあると思います。

そこでこのくじではキャッシングの返済ができない時の対処方法について詳しく説明していきます。

1.キャッシングの返済ができないとどうなる?

JCB、エポスカード、イオンカード、楽天カード、セゾンカード、三井住友VISAカード、ライフカードなどのクレジットカードのキャッシングが返済できないことってありますよね。

基本的にどのクレジットカードのキャッシングでも返済できない時には同じような結果が待っています。

・借金の一括請求

キャッシングの返済ができないからといって、ずっと返済を滞納していると、借金の一括請求をされます。

すべての借金を一括で返済してくださいという要求です。

毎月のキャッシングの返済さえできない状態で、一括請求されたとしても返済できないと思います。

キャッシング会社に一括請求されて返済できないと裁判を起こされることになります。

キャッシングの返済できるお金がある場合には、キャッシングの一括請求される前に支払いましょう。

・強制執行による給料や財産の差し押さえ

一括請求されて返済ができない場合、裁判を起こされることになります。

もしキャッシング会社からお金を借りているのであれば、裁判では負けてしまし、強制執行による取り立てが実施されます。

給料や財産などを差し押さえて強制的にキャッシングの返済をさせられることになります。

昔のように怖いお兄さんが自宅に取り立てに来るなんてことはありませんが、法的な効力のある形で強制的に借金を回収してきます。

キャッシングの返済ができないからと言って無視し続けても何の解決にもなりません。

自力で返済できそうにない場合には、後述しているキャッシングの減額方法をぜひ参考にしてください。

・ブラックリストに載る

キャッシングの返済が滞っていると、ブラックリストに載ってしまいます。

キャッシングの滞納から61日以上経過すると、ブラックリストに載ります。

ブラックリストに載ってしまうと

  • 新しくローンを組むことができなくなる
  • 新しくクレジットカードが作れなくなる

などのデメリットがあります。

将来的に住宅ローンを組みたい、自動車ローンを組みたいという場合には、審査が通らなくなってしまいます。

・クレジットカードが使えなくなる

クレジットカードのキャッシングを使っている場合、滞納直後からクレジットカードが使えなくなります。

クレジットカードで公共料金の支払いをしている場合などは、支払いに滞りが出ることになります。

滞納金を支払うことで再び使えるようになります。

ただブラックリストに載ってしまう61日以上滞納していると、強制解約となり二度とそのクレジットカードが使えなくなる可能性もあります。

2.キャッシングの返済ができないときにはまずは相談を!

消費者金融やクレジットカードのキャッシングの返済ができない時、まずは消費者金融やクレジットカード会社にキャッシングの相談をしましょう。

一度返済を滞納した後だと、相談しても融通をきかせてくれないことが多いので、キャッシングの返済ができないと分かった時点で相談をするようにしましょう。

 

キャッシングの返済ができない時には「毎月の返済額」について相談をします。

一時的に返済金額を減らすことで、滞納せずに支払い続けることができます。

例えば、毎月3万円の返済は無理でも、1万円なら何とか支払えるってことは多いですよね。

そんな場合には、滞納する前に毎月の返済額を支払えるだけの金額に変更しましょう。

 

毎月の返済額を変更する際、最低返済金額というのが決まっています。

最低返済金額までなら、減らすことができます。

ただ最低返済金額は利息+αくらいの金額となっており、この金額で返済しているとなかなか元本が減りません。

そうなると長期的に借金を返済することになり、最終的に支払う借金額が大きくなってしまいます。

あくまで毎月の返済額を変更する際には”一時的”に減らすだけにしましょう。

収入に余裕が生まれたら、毎月の返済額を増やして早めに完済することをお勧めします。

3.キャッシングの借金減額方法があるって本当?

毎月の返済額を減らしても、自力でキャッシングの返済ができないということもあるかと思います。

そういう人のためにキャッシングの借金減額方法があります。

JCB、エポスカード、イオンカード、楽天カード、セゾンカード、三井住友VISAカード、ライフカードなどのクレジットカードのキャッシングでも減額することができます。

その方法とは債務整理です。

債務整理を行うことで、借金額を減らし、あなたにとって無理のない返済計画を立てることができます。

 

デメリットとして、ブラックリストに載ってしまうというのがありますが、キャッシングの返済ができなければ結局ブラックリストに載ってしまいます。

ブラックリストに載っても、借金ができなくなる、クレジットカードが使えなくなる程度の影響しかありません。

普通に生活するうえではそこまで影響がでません。

ブラックリストに載ることを恐れていつまでもずるずると返済している方が、生活が苦しくなると思います。

なので、キャッシングの返済に困っているのであれば、一度弁護士に債務整理の相談をすることをお勧めします。

 

とはいえ、いきなり弁護士に相談するのはハードルが高いと思います。

そこで匿名無料で使える借金減額シミュレーターを使うことをお勧めします。

匿名無料でいくら借金が減るかなどを弁護士に相談することができます。

利用したからと言って必ず依頼しなければいけないわけではないので、試しに使ってみることをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか弁護士に相談するならこちら

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法を大公開!

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などから、あなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金をいくら減らせるのか
・毎月の返済額をいくらに減らせるのか
・どんな方法で借金を整理するのが最適なのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くなら、もっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのも、当然ありです。

入力作業は3分もかからず匿名・無料で使えるので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみることをおすすめします。

もしかしたらあなたの借金も大幅に減らせるかもしれませんよ?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

債務整理 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
借金地獄 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
闇金 返済 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ