銀行借金が払えないとどうなる?対象方法は?

Fotolia_56399442_Subscription_Monthly_XXL_R

銀行で借金をするとなると住宅ローンの他にもカードローンがあります。

消費者金融ではなく、銀行となるとなんだか威厳もありますし、厳しい感じがしますよね。

そこでこの記事では銀行からの借金を支払うことができなくなった時にどうなるのか、対処方法について説明していきます。

  • 借金が払えないとどうなるのか?
  • 借金が払えなくなった時の対処方法とは?

借金が払えないとどうなるのか?

1か月返済できなかったという程度であれば、特に問題は置きません。

しかし、数か月も借金の返済を滞納すると、さすがに銀行も動いてきます。

どれくらいの期間で動き始めるのかは、銀行・状況によって様々なので、一概には言えませんが、一つのラインとして3か月程度を目安にしてください。

  1. 銀行口座の凍結
  2. 期限の利益の損失で、一括請求

1.銀行口座の凍結

何か月も借金の返済を滞納していると、銀行口座が凍結されます。

当然、口座に入っているお金は返済のために使われます。

この時に最悪なのが給料の振込み先になっている場合です。

口座は凍結されても引き出せないだけで、振込は行うことができるので、給料は振り込まれてしまいます。

一度凍結されると簡単には解除できないので、その後の生活に支障をきたしてしまいます。

 

できれば、給料の振込先になっている所でカードローンを利用しないというのが大事ですね。

また、返済が難しくなってきた時点で、給料の振込先を変更してもらうのもいいでしょう。

2.期限の利益の損失で、一括請求

借金滞納していると、残りすべての借金を一括で支払うように要求されます。

このことを期限の利益の損失と言います。

お金がなくて借金をしているわけですから、一括請求されてもお金を支払うことができませんよね。

そうなったら、裁判になり強制執行で給料や財産の差し押さえとなります。

裁判に出ることで強制執行を防ぐことができる場合もありますが、支払い能力がないとみなされると強制的に給料や財産が差し押さえられてしまうので気を付けてください。

 

借金が払えなくなった時の対処方法とは?

借金が支払うことができなくなったら、なるべく早めに銀行に相談をしましょう。

「毎月の返済額を減らしてほしい」
「給料日が○日だから、○日になったら滞納分を支払います」

など、支払いの意志を見せておくことで銀行が融通を効かせてくれる場合もあります。

しかし、どう考えても今後支払っていくのが難しいという場合には、相談をしても一時的な効果しかないので、最終的には裁判や差し押さえになります。

 

そこで支払うのが厳しくなった段階で、弁護士に相談をして債務整理をするべきです。

債務整理をすれば、借金を減らすことができるので、返済を楽にすることができます。

どうしようもない額の借金を抱えている場合でも、自己破産をすれば、借金をチャラにすることもできますしね。

債務整理の中には、家を残した状態で住宅ローン以外の借金を減額する方法もあったりするので、一度弁護士に相談をして適切なアドバイスをもらうことをお勧めします。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

3 Responses to “銀行借金が払えないとどうなる?対象方法は?”

  1. 井手倫光 より:

    国に対して数百万、銀行に対して数千万の借金があります。
    今は銀行口座にはお金を入れていませんが、今後、銀行口座を使用するとお金を差し押さえられてしまうのでしょうか?
    ※銀行口座は借金している銀行口座ではなく、新たに開設しようと思っています。

    • 管理人 より:

      国に対しての借金が何かよく分かりませんが、
      税金などの滞納であれば、どの銀行口座を開設しても差し押さえられる可能性はあります。
      また銀行の借金についても、裁判で訴えられれば、差し押さえられる可能性があります。

      もちろんあくまで可能性の話なので、
      国や銀行に口座がばれなければ差し押さえられません。

      ただ、借金をしているのであれば、何らかの形で清算するのが好ましいです。
      銀行の借金は自己破産で清算し、
      国に対しての借金についても支払える範囲で返済をするべきです。

      借金の清算をしなければ、ずっと差し押さえの可能性は残り続けるので
      早めに何らかの手を打って、余計な不安のない生活に戻ることをおすすめします。

      • 井手倫光 より:

        ありがとうございます。
        因みに、ゆうちょの口座に1万円ほど残高があり、それは差し押さえられてはいませんでした。
        金額が少ないから差し押さえれていないのか?
        それとも、銀行や国がまだアクションしてないだけか?
        どちらかは分かりませんが。
        ※もう2年以上、国や銀行とは話しあってなく、銀行からは訴訟を起こされましたが、私には資産もありませんので、何もアクションされないかもしれません。
        現在、離職中であり就職しようにも殆どの事業所は給料が口座振込みであり、給料手渡しの事業所を探すのに苦労しています。
        尚、国に対しての借金は私が代表を務めていた会社のであり、私には支払いの義務は無いと思い、放置しています。
        文章が長くなり申し訳ありません。
        投稿地域
        広島県

コメントを残す

サブコンテンツ