借金一本化のメリット・デメリットとは?一本化は賢い選択?

Fotolia_46102727_Subscription_Monthly_XXL_R

借金一本化のメリットとは

  • 金利が減って返済が楽になる
  • 返済先が一つになるから管理が楽。
  • 信用情報に傷がつかない

金利が減って返済が楽になる

一本化をすることで多くの場合では金利が安くなります。

そのため普通に返済するよりも返済するのが楽になることがあります。

ただ消費者金融等で一本化しても、それでも金利が高い場合があります。(法定金利の限度:年15%近く)

これだとあまりメリットがないので、なるべく金利が安い銀行を選ぶようにした方がいいですね。

返済先が一つになるから管理が楽

返済する業者の数が複数あると、業者ごとに返済日が異なるので、いつ返済すればいいのかよく分からなくなる場合があります。

ギリギリの生活をしている場合、つい返済日を忘れてしまい延滞になってしまうこともあるでしょう。

一本化することで返済先を一つにできるので、返済日も1つになり返済を忘れるリスクも小さくなりますね。

信用情報に傷がつかない

今借りている所の借金は完済することができるので、信用情報に傷がつくことがありません。

信用情報に傷がつくと、その後、数年間借金をすることができなくなるので少し生活が不便になります。

ただし、すでに3か月以上延滞をしてしまっている場合は時すでに遅しです。

 

借金一本化のデメリットとは

  • 審査が厳しく一本化できないこともある
  • 返済総額が増える可能性がある
  • 完済すると枠が広がり再び借金をする可能性が高くなる

審査が厳しく一本化できないこともある

一本化をすることで借り手側にはメリットが多いですが、貸し手側にとってはハイリスクローリターンなものなのです。

そのためリスクを少しでも抑えるために、慎重な審査を行うようになっています。

少しでも問題な部分があると審査を通ることができないので、一本化を期待していてもがっかりするだけの場合もあります

>>なぜ借金の一本化の審査は厳しいのか?

返済総額が増える可能性がある

メリットの方で「金利が減って返済が楽になる」と書きましたが、実は場合によっては「返済総額」は増える可能性があるのです。

というのも、金利が減ることでなんだか安心してしまい、毎月の返済額を減らしてしまうことが多いです。

すると、いくら金利が減ったとしても返済額を減らしてしまうと、返済期間が長くなってしまいます。

返済期間が長くなるとその分利息を支払うことになるので、返済総額は増えてしまうのです。

もしも一本化するときには、一時的に生活を楽にするために毎月の返済額を減らさないようにしましょう。

完済すると枠が広がり再び借金をする可能性が高くなる

今までに借りていたところには、すべての借金を支払うので完済扱いになります。

多くの消費者金融では完済をすると、優良顧客となるので借り入れの枠が広がります。(例えば、30万円→50万円)

すると、なんだか使ってもいいお金が増えたような感じがしてしまうので、ついお金を借りてしまう人がいます。

もしも借りてしまうと今まで以上に借金を積み重ねることになるので、注意してください。

>>借金一本化できないときの借金整理方法とは?

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ